集英社新書<br> マラッカ海峡物語―ペナン島に見る多民族共生の歴史

個数:
電子版価格 ¥896
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
マラッカ海峡物語―ペナン島に見る多民族共生の歴史

  • 重松 伸司【著】
  • 価格 ¥993(本体¥920)
  • 集英社(2019/03発売)
  • ウェブストア夏のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 45pt
  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2019年08月24日 19時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 304p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210712
  • NDC分類 223.9
  • Cコード C0222

内容説明

マラッカ海域北端に浮かぶペナン島。淡路島の半分ほどの面積しかないこの小島では、これまで、実に三〇以上の民族集団が、絶妙なバランスで群居し続けてきた。マレー人、インドネシアの海民アチェやブギス、インドのチェッティ商人、ムスリム海商チュリア、クリン、アラブの海商ハドラミー、ポルトガル人、イギリス人、フランス人、アルメニア人、華僑、日本人、等々―。各地で、ナショナリズムや排外主義的な価値観が増大する中、本書が提示する世界像は、多民族共存の展望と希望を与えてくれるだろう。ベンガル湾からマラッカ海峡にかけての地域研究の第一人者による、初の「マラッカ海峡」史。

目次

第1部 海峡の植民地ペナン(海峡を掘り起こす;租界・居留地・ジョージタウン;海峡とモンスーン;海民と開拓者;居留地ジョージタウン誕生;居留地ペナンの誕生)
第2部 海峡を渡ってきた人々(変貌するペナン;シントラ、ポルトガル人街から日本人街へ;マラッカ海峡のアルメニア社会;華人街の頭目;ベンガル湾を渡ったインド人)

著者等紹介

重松伸司[シゲマツシンジ]
1942年大阪市生まれ。歴史学者。追手門学院大学名誉教授。99年「マレーシアおよびシンガポールにおけるインド移民社会の形成と変容」をテーマに博士号取得(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

マラッカ海域北端に浮かぶペナン島。淡路島の半分ほどのこの小島では、実に30以上の民族集団同士が絶妙なバランスで共生し続けてきた。南アジア研究の第一人者による、本格的な「マラッカ海峡」史。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件