集英社新書<br> 「考える力」を伸ばす―AI時代に活きる幼児教育

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

集英社新書
「考える力」を伸ばす―AI時代に活きる幼児教育

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年11月23日 03時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210620
  • NDC分類 376.1
  • Cコード C0237

内容説明

今ある仕事の四七%が機械に取って代わられるというAI時代、人間には問題を発見し、解決策を自らの頭で考え、実践できる能力が必要となる。しかし、これまでの日本の暗記・教え込み教育では、このような力は身につかない。子どものうちから考える力を養い、根気よくものごとに取り組む姿勢を育まなければならないのだ。そこで注目なのが、近年話題のモンテッソーリをはじめ、さまざまな教育理論を研究し、「考える力を伸ばす幼児教育」を長年にわたって実践してきた「こぐま会」の方法論だ。思考力とは何か?そのために何をすべきか?子どもの成長理論と、保護者のかかわり方をわかりやすく紹介。

目次

第1章 日本の幼児教育の問題点(ヘックマン教授が指摘した幼児教育の重要性;世界から後れをとる日本の幼児教育 ほか)
第2章 本当に必要な幼児教育とは何か(「KUNOメソッド」とはどのようにしてできあがったか)
第3章 進化する幼児教育―「KUNOメソッド」(「KUNOメソッド」を支える基本理念;「聴く・話す」力が大事)
第4章 学力よりも意欲の時代へ―小学校受験も変化している(学力偏重の弊害;小学校入試が変わってきている ほか)
第5章 幼児教育が目指すゴール(幼児教育によって将来どうなる?;「学びが学びを呼ぶ」には家庭環境が重要 ほか)

著者等紹介

久野泰可[クノヤスヨシ]
1948年、静岡県生まれ。横浜国立大学教育学科を卒業後、現代教育科学研究所に勤務し、1986年、幼児教育実践研究所「こぐま会」代表に就任。常に幼児教育の現場に身を置き、その実践を通して作り上げた独自カリキュラム「KUNOメソッド」は中国、韓国、ベトナム、タイ、シンガポールなどの幼稚園・教室で導入されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AI時代に必要な能力は、これまでの暗記・教え込み教育では育たない。
「思考力を育てる幼児教育」を長年、研究・実践してきた著者が、
その理念と方法論を紹介し、これからの時代に必要な教育を提案!


久野 泰可[クノ ヤスヨシ]
著・文・その他