集英社新書<br> 限界の現代史―イスラームが破壊する欺瞞の世界秩序

個数:
電子版価格 ¥847
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
限界の現代史―イスラームが破壊する欺瞞の世界秩序

  • 内藤 正典【著】
  • 価格 ¥946(本体¥860)
  • 集英社(2018/10発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年03月28日 18時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 248p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210545
  • NDC分類 302
  • Cコード C0231

内容説明

シリア、イエメンなど中東で頻発する虐殺や弾圧、それから逃れる大量の難民、欧米で繰り返されるテロなどの問題に対して有効な手立てを失った国際社会。その背景には、アメリカ、EU、国連、領域国民国家、西欧啓蒙思想など、第二次大戦後の世界の安定を担ってきたシステムと秩序の崩壊という現実がある。この崩壊過程の末には何があるのか?トルコを中心としたスンナ派イスラーム世界の動向と、ロシア、中国といった新たな「帝国」の勃興を見据え、展望を解説する。現代の“限界”の理由を概観し、文明の衝突を超え、日本はどうあるべきかを考えるための、現代史講義。

目次

第1章 限界のEU、啓蒙の限界(「難民」に揺れるヨーロッパ社会;難民か移民か、それが問題だ ほか)
第2章 限界の国民国家(地図からISは消えたけれど…;「国民国家」は普遍的な概念なのか? ほか)
第3章 限界の国連(シリア内戦が露呈した「国連の無力」;国連が世界秩序であった時代は終わった ほか)
第4章 限界を超えるためのパラダイムを求めて(溶けてゆく国境線、難民というグローバリゼーション;「峻別」することは、何の解決にもならない ほか)
終章 帝国の狭間で(帝国割拠についていけない「グローバル教育」;難民を受け入れない国家・日本/外国人の労働力を使い捨てる日本 ほか)

著者等紹介

内藤正典[ナイトウマサノリ]
1956年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。博士(社会学)。専門は多文化共生論、現代イスラム地域研究。一橋大学教授を経て、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

イスラーム世界の動向と、ロシア、中国といった新たな「帝国」の勃興を見据え、現代世界の展望を解説。現代の限界の理由を概観し、文明の衝突を超え、日本はどうあるべきかを考えるための、現代史講義。

内藤 正典[ナイトウ マサノリ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件