集英社新書<br> 母の教え―10年後の『悩む力』

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

集英社新書
母の教え―10年後の『悩む力』

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 02時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210538
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0236

出版社内容情報

心機一転、高原への移住を果たした姜尚中は、「悩み」を突き抜け、今までとは全く異なる境地に至った。亡き母らの思い出に満たされた、穏やかな「幸せ暮らし」のエッセンスを、素直な気持ちで綴った一冊。

姜 尚中[カン サンジュン]
著・文・その他

内容説明

これまでの生活をリセットして東京近郊の高原へと移住した著者は、それをきっかけに、今までとは違った眼差しで世界や同時代を眺めるようになった。慣れない土いじりや野菜づくりに精を出していると、悲喜こもごもの思い出が、やさしい風や、やわらかな雨のように心を撫でていく。今は亡き、母、父、息子、叔父、先生、友だち。今なら言える。すべての愛すべき人たちの思い出こそが私の故郷であり、私の先生だったのだと―。「田舎暮らしエッセイ」という器に載せて、これまでになく素直な気持ちで来し方行く末を存分に綴った、姜尚中流の“林住記”。

目次

序章 「山」に棲もう
第1章 空を見上げれば、いつでも
第2章 人は、歩く食道である
第3章 花の色
第4章 我々は猫である
終章 故郷について

著者等紹介

姜尚中[カンサンジュン]
1950年生まれ。政治学者。東京大学名誉教授。著書は一〇〇万部超のベストセラー『悩む力』とその続編『続・悩む力』のほか多数。小説作品もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てくてく

10
不思議な読後感の本。高原に移り住んだ著者が、母との関係、自分のルーツ、昨今の朝鮮半島人生について語ったと思えば、庭の手入れや飼うことになった猫にベタ惚れするようになる過程を綴ったりしている。まさに高原ホテルでうゆっくり楽しむような本だと思う。2018/10/23

templecity

6
朝鮮出身で旧日本軍人だった父と同じく半島から来た母の間に熊本で生まれた在日韓国人の著者。無学だが情のある母親に育てられた。父は朝鮮に戻り別な女性と結婚。それでも著者は早稲田を卒業し東大名誉教授にまでなっている。息子の死をきっかけに軽井沢に移住したが、そこで畑仕事もしているが在日の一次産業従事は珍しいとのこと。日本に居ながら朝鮮統一を望むが、一時の北朝鮮の暴発行為には心を痛めている。著者にとっては統一は悲願の様だ。2019/04/18

Carol

5
様々な悲しみと苦しみを抱えながらも、穏やかに幸せにあろうとする、そんな著者の姿が見えるようでした。読んでいて幸せな気持ちと心が苦しくなるような感覚が同時に起こりました。そして、日本と韓国、北朝鮮の間に起きた様々なことを知らない自分を反省。私たちが今、KPOPや韓流ドラマを楽しめているのが何故なのか、ここに至るまでにどれだけの人が辛い想いをし、努力してきたのかもっと知らなきゃいけないと思いました。2019/04/29

安東奈津

3
★★☆ やさしい気持ちになれる。 飯館村・菫 涙                   「菫程な小さき人に生まれたし」2019/07/16

Gaudi

3
人は皆、生まれたときの環境がその後の人生に影を落とすもの。あたかも業のように、どうにもならないものを抱えながら生きていくのでしょう。 哀しくも生きるためには食べるのです。食べて、生き抜いていくしかないのです。2019/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13164462
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。