集英社新書<br> 源氏物語を反体制文学として読んでみる

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
源氏物語を反体制文学として読んでみる

  • 三田 誠広【著】
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 集英社(2018/09発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 21時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210507
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0295

出版社内容情報



三田 誠広[ミタ マサヒロ]
著・文・その他

内容説明

紫式部が『源氏物語』を書いた平安時代は、摂関政治(天皇に嫁いだ娘が男児を産むことで外戚として権力を得る)の全盛期にあった。しかし『源氏物語』は天皇親政の時代を舞台とし、「源」という元皇族が活躍するストーリーだ。摂関政治をあえて否定するという、いわばその時代の「反体制文学」として『源氏物語』は大ベストセラーとなり、多くの読者の支持を得た。なぜ紫式部はそのような果敢な挑戦をしたのか。紫式部が時代をどう感じ、またどのようなモチベーションで物語を綴ったのか。独自の視点で鮮やかに描く、新しい『源氏物語』論。

目次

まえがき―『源氏物語』の謎
第1章 紫式部と『源氏物語』
第2章 源氏一族の悲劇
第3章 摂関家の権威と専横
第4章 紫式部の出自と青春時代
第5章 紫式部の恋と野望
第6章 摂関政治の終焉

著者等紹介

三田誠広[ミタマサヒロ]
作家。1948年生まれ。早稲田大学文学部卒業。1977年『僕って何』で芥川賞受賞。早稲田大学文学部客員教授を経て、武蔵野大学文学部教授。日本文藝家協会副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

72
そういわれると、源氏物語は私のなかで「源氏物語」という固有名詞であり、それ以上でもそれ以下でもなかったことがわかる。固定観念を揺さぶってくれる作品。2018/10/03

T66

9
源氏物語好きとしては押さえねば、と思い読んでみたけど、日本史にそう詳しくもないので正直難しかった?反体制、ってのもよく分からなかったし。それでも、「宇治十帖」で雰囲気がガラッと変わる背景は面白かった。聞き手の女房の層に合わせて登場人物を設定してる、というのも面白い。あとは、白河院と璋子の話は驚き。リアル紫の上ではないか!「輝く日の宮」と合わせて、何か本を見つけて読んでみることにする。小さいけどマニアックな知識が得られたのは良かった。図書館本2019/02/19

もも

8
久しぶりに行った大型書店で平積みになっていたこの本を借りた。読んで良かったなあ。題名の『源氏物語を反体制文学として読んでみる』を歴史的事実によって裏付けていくのだが筆者の文章力の巧みさでまるで物語を読んでいるかのようだった。大学受験で日本史、古典にどっぷりと浸かったので有名なエピソードは知っていたつもりだったがこの本を読んでその一つ一つのエピソードが数珠の様に繋がっていく感覚を得た。いや、数珠ではないな、一歩のロープだ。それと同時にかなり日本史分野を忘れているなと感じずにはいられなかった…ショックだ。→2018/10/13

わいほす(noririn_papa)

7
歴史家でなく小説家が「源氏物語」の書かれた時代の背景を紐解いているので、登場する男も女も皆生き生きとしていて面白い。歴史家のように彰子、倫子をしょうし、りんしと読まず、あきらこ、ともこと読ませるところにも女性を人として描き出そうとする意図を感じる。歴史の勉強では出来事と人名のみですっと過ぎてしまった平安時代の政治や文学、天皇の外戚となるための魑魅魍魎とした姻戚関係などを、物語のように読ませてくれるので、百人一首の歌人の一人だった男たちまで人間味を帯びてみえてくる。複雑すぎて、すぐ忘れそうだけれど(笑)2018/12/08

ふたば✧自宅で読書ができません。。。

5
とても興味深い内容だった。源氏物語を読んだことがなく、紫式部と言う作者についても、多くは知らなかった。また、この著作が「源氏物語」と「反体制」とを結びつけている根拠も解り難かった。が、時の時代背景や、人物評価、人物の相関関係など、著者独自の視点(たぶん)が出ていてたと思う。源氏物語を書くことになった理由や、54帖煮も及ぶ壮大な物語になった理由、その利用のされ方。知っていたこともあったが、目から鱗のことも多かった。面白かった!女性が教養を身に付けることの少ない時代、紫式部の才能と努力のすごさに圧倒される。2018/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13104096

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。