集英社新書<br> 明治維新150年を考える―「本と新聞の大学」講義録

個数:
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
明治維新150年を考える―「本と新聞の大学」講義録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月19日 00時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 320p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210064
  • NDC分類 304
  • Cコード C0236

出版社内容情報

私たちは、何を得て何を失ったのだろうか? この国を呪縛してきたものの正体とは? 朝日新聞社と集英社による連続講座「本と新聞の大学」第5期、待望の書籍化。近代のブラインド・スポットに光を当てる!


内容説明

二〇一八年は、あの明治維新からちょうど一五〇年である。この歴史上でも稀な“画期”に、各界を代表する論客が一堂に会した。民俗学の赤坂憲雄、憲法学の石川健治、財政社会学の井手英策、ノンフィクション作家の澤地久枝、小説家の高橋源一郎、映画監督の行定勲という、実力派のメンバーは、これまで語られることのなかった「近代日本」のブラインドスポットを次々に提示する。私たちは、何を得て、何を失ったのだろうか?そして、この国を呪縛してきたものの正体とは?朝日新聞社と集英社による連続講座シリーズ「本と新聞の大学」第五期、待望の書籍化。

目次

第1回 基調講演 これまでの日本、これからの日本―維新後一五〇年を考える(一色清;姜尚中)
第2回 何が失われたのか―近代の黄昏に問いなおす(赤坂憲雄)
第3回 沈潜し、再浮上する財政の歴史から「いま」を読み解く(井手英策)
第4回 故郷への眼差し―熊本地震の経験から(行定勲)
第5回 国民主権と天皇制―視点としての「京城」(石川健治)
第6回 人はどこにいたのか(澤地久枝)
第7回 小説の誕生(高橋源一郎)
第8回 総括講演 一五〇年のメディアとジャーナリズム(一色清;姜尚中)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件