集英社新書<br> AIが人間を殺す日―車、医療、兵器に組み込まれる人工知能

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

集英社新書
AIが人間を殺す日―車、医療、兵器に組み込まれる人工知能

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208900
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0204

内容説明

飛躍的な進化を遂げる人工知能(AI)。明るい未来が語られる一方で、「二〇四五年問題」などのAI脅威論も少なくない。しかし著者はむしろ、目前に迫る危機として、車、医療、兵器の三つを挙げる。共通するのは、私達の命に直結する分野であること。ここに今、最先端のAIが導入されようとしているが、中身の見えないブラックボックスであるうえに、ときに暴走の危険性をはらむ。AIの真の脅威が明らかに!

目次

第1章 AI脅威論の虚実(パターン認識の職種が危ない;二〇四五年問題と火星の人口爆発 ほか)
第2章 自動運転車の死角(死亡事故の現場検証;公道でのテスト走行が不十分だった ほか)
第3章 ロボ・ドクターの誤診(ワトソンとは何か;凄腕の医師ワトソン ほか)
第4章 自律的兵器の照準(対テロ用の自律的ドローン;第三の軍事刷新とは ほか)
第5章 スーパー・オートメーションの罠(原発事故を想定したロボットとは;悪戦苦闘の末に、人の共感を勝ち得る ほか)

著者等紹介

小林雅一[コバヤシマサカズ]
1963年、群馬県生まれ。作家・ジャーナリスト、情報セキュリティ大学院大学客員准教授。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院理学系研究科を修了後、東芝、日経BPなどを経てボストン大学に留学、マスコミ論を専攻。帰国後、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AIの脅威として「雇用崩壊」を挙げる本が多く刊行されている。しかし真の脅威は、「職」を奪われることではなく、「命」を奪われることにある。ディープラーニングという革新的技術によりAIの思考過程はブラックボックス化した。そのためトラブルが起きても人間には修正できない可能性が高い。特に本書で取り上げる「自動運転」「医療」「兵器」の3分野は、一歩間違えば死に直結する。そしてこれらの分野で、すでに人間の判断が介在しないシステムが出来上がっている。知らぬ間に、我々の命がAIに委ねられているのだ。本書はその驚愕の実態を描く。著者は『AIの衝撃』がベストセラーとなった小林雅一氏。AIに関する著作は、同書の刊行以後、初となる。待望の新刊、登場!