集英社新書ヴィジュアル版<br> サハラ砂漠 塩の道をゆく

個数:
電子版価格 ¥1,263
  • 電書あり

集英社新書ヴィジュアル版
サハラ砂漠 塩の道をゆく

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月17日 08時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208818
  • NDC分類 294.414
  • Cコード C0226

内容説明

八~一六世紀、西アフリカ内陸部の地に興隆したいくつかの黒人国家は、サハラ砂漠を越えて北から運ばれて来る岩塩と南からの金や象牙、奴隷などの交易で繁栄したという。そして、その中心には伝説の“黄金都市”があった。それらの国家はすべて消え去ったが、往時のままに岩塩が切り出されるタウデニ鉱山と、ラクダのキャラバン「アザライ」によってかつての黄金の都・トンブクトゥに運ばれる塩の交易は、二一世紀の現在も続いている。写真家の著者は、三〇年来の夢を叶え、トンブクトゥからタウデニ鉱山へ往復一五〇〇キロ、アザライに密着する命懸けの旅を敢行した。これは、美しい写真と共に綴られた四二日間の過酷なキャラバンの記録である。

目次

第1章 タウデニ岩塩鉱山への旅立ち(首都バマコから北の町トンブクトゥへ;伝説の交易都市トンブクトゥ ほか)
第2章 タウデニ岩塩鉱山(タウデニ到着;岩塩の採掘場 ほか)
第3章 タウデニからの帰り道(バーを積んでタウデニ出発;トゥアレグ族のアザライ ほか)
第4章 旅の終わりの試練(ムスターファの家族;トンブクトゥへ向けて出発 ほか)

著者等紹介

片平孝[カタヒラタカシ]
1943年、宮城県生まれ。日本写真家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アフリカ北西部、古(いにしえ)の黄金都市トンブクトゥからサハラ砂漠奥地のタウデニ岩塩鉱山へ。ラクダのキャラバンで運ばれる塩の交易「アザライ」に密着した往復1500キロ、42日間のグレート・ジャーニー。




片平 孝[カタヒラタカシ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件