集英社新書<br> 列島縦断「幻の名城」を訪ねて

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
列島縦断「幻の名城」を訪ねて

  • 山名 美和子【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 集英社(2017/04発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月19日 23時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208795
  • NDC分類 521.82
  • Cコード C0221

出版社内容情報

歴史の移ろいの中で朽ち果て、今は遺構だけを残すかつての名城。そこで起きたドラマを思い起こしながら、全国の城を旅する。観光客だらけな、コンクリート造りの城では物足りない“通"のための本。




山名 美和子[ヤマナミワコ]

内容説明

本書が扱うのは、何層もの天守閣がそびえる「国宝の名城」ではない。見事な構造を備えながらも朽ちていき、今は遺構を残すのみの場所だ。安土城、渋谷城、小谷城、今帰仁城、シベリヤチャシなど全国48選。

目次

「幻の名城」地図
第1章 これぞ幻の名城―石垣と土塁が語る戦いと栄華の址
第2章 大東京で探す「幻の名城」
第3章 櫓や石垣、堀の向こうに在りし日の雄姿が浮かぶ
第4章 再建、再興された天守や館に往時を偲ぶ
第5章 古城の風格をいまに伝える名城
第6章 北の砦チャシ、南の城グスクの歴史
巻末資料 日本の「城」とは何か

著者等紹介

山名美和子[ヤマナミワコ]
東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、東京・埼玉の公立学校教員を経て作家に。1994年、『梅花二輪』で第一九回歴史文学賞入賞。日本文藝家協会会員・日本ペンクラブ会報委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。