集英社新書<br> 認知症の家族を支える―ケアと薬の「最適化」が症状を改善する

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
認知症の家族を支える―ケアと薬の「最適化」が症状を改善する

  • 〓瀬 義昌【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 集英社(2017/02発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月19日 23時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208672
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0247

出版社内容情報

著者は認知症治療の課題に、「多剤併用」や「残薬」などの「薬物療法」を挙げる。家族、医師などがチームで患者を支える「在宅医療」の具体的なあり方も提唱し、患者と家族に寄り添う医療を考える。




高瀬 義昌[タカセヨシマサ]

内容説明

今後一〇年以内に六五歳以上の高齢者の五人に一人が認知症になると予測されている。認知症はもう誰もがなりうるもので、また誰もが認知症の家族のケアに直面する可能性がある時代となったのだ。著者は、認知症治療の課題に、医師の言うがままに多量の薬を服用し続ける「多剤併用」や、処方薬を飲みきれずに捨てる「残薬」などの問題を挙げる。家族、医師、薬剤師、ケアマネジャーなどがチームとなって患者を支える「在宅医療」の具体的なあり方も提唱し、認知症患者と家族に寄り添う医療を考える。

目次

第1章 認知症は誤解されている(まずは誤解を解くことから;誤解1 自分だけは認知症にならない ほか)
第2章 認知症はもう他人事ではない(確実に増え続ける認知症患者;認知症は病名ではなく症状 ほか)
第3章 不適切な薬物療法が認知症をつくりだす(薬による治療に入る前に;認知症の完治につながる特効薬はない ほか)
第4章 家族は在宅医療にどう向きあえばいいのか(国が進める在宅医療への流れ;在宅医療はむずかしいという意識 ほか)

著者等紹介

〓瀬義昌[タカセヨシマサ]
1956年生まれ。医療法人社団至高会たかせクリニック理事長。信州大学医学部卒業。東京医科大学大学院修了。医学博士。麻酔科、小児科研修を経て、2004年東京都大田区に在宅医療を中心とした「たかせクリニック」を開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。