集英社新書<br> 3.11後の叛乱―反原連・しばき隊・SEALDs

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
3.11後の叛乱―反原連・しばき隊・SEALDs

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月28日 16時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208405
  • NDC分類 309.021
  • Cコード C0236

内容説明

七〇年安保闘争以来、およそ半世紀近くの時を経て、路上が人の波に覆いつくされた。議会制民主主義やマスメディアへの絶望が、人々を駆り立てたのか。果たしてそれは、一過性の現象なのか―。新左翼運動の熱狂と悪夢を極限まで考察した『テロルの現象学』の作者・笠井潔と、3.11後の叛乱の“台風の眼”と目される野間易通が、反原連、しばき隊、SEALDsを始めとする現代の蜂起に託された、時代精神を問う!

目次

第1章 「8・30」の光景を前に
第2章 雲の人たち
第3章 「何者かである私」と「何者でもない私」
第4章 国民なめんな
第5章 ピープルとネーション
第6章 レイシストをしばき隊のこと
第7章 大衆蜂起と結社
第8章 人々を路上へとドライブするもの
第9章 “2011”と「左翼」の終わり
第10章 Struggle For Pride

著者等紹介

笠井潔[カサイキヨシ]
1948年生まれ。作家・思想家。79年『バイバイ、エンジェル』で第六回角川小説賞を受賞

野間易通[ノマヤスミチ]
1966年生まれ。『ミュージック・マガジン』副編集長等を経てフリーに。首都圏反原発連合、レイシストをしばき隊、CRACに参画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

新左翼運動の熱狂と悪夢を極限まで考察した『テロルの現象学』の作者・笠井潔と、3.11後の叛乱の“台風の眼"と目される野間易通によるネット上の往復書簡。現代の蜂起に託された、時代精神を問う!




笠井 潔[カサイキヨシ]

野間 易通[ノマヤスミチ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件