集英社新書<br> 糖尿病は自分で治す!

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
糖尿病は自分で治す!

  • 福田 正博【著】
  • 価格 ¥799(本体¥740)
  • 集英社(2016/06発売)
  • ゴールデンウィークポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2017年04月30日 08時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208399
  • NDC分類 493.12

内容説明

健康診断などで、血糖値がすこし異常であると診断されたことのある人は少なくないだろう。しかし、それは「まだ異常ではない」という意味ではなく、「もう正常ではない」という非常に危険なサインなのだ。本書では、糖尿病診療三〇年の著者が、高血糖によって引きおこされる三大合併症や動脈硬化症の危険性、さらに「新合併症」と呼ぶ、がんや認知症、うつ病、歯周病との関連性を解説し、予防法を提唱する。また、糖尿病患者にとって、「夢の新薬か!?」と期待されるSGLT2阻害薬の効果など、糖尿病治療の最前線も紹介する。

目次

まさかの糖尿病宣告を受けてどう生きるのか
糖尿病治療最前線
あなたも糖尿病かもしれない
糖尿病の本質的な問題は合併症にあり
糖尿病を重とくにする4番目の合併症「動脈硬化」
新合併症1 糖尿病になると認知症発症のリスクが高い
新合併症2 糖尿病になるとうつ病発症のリスクが高い
新合併症3 糖尿病になるとがん発症のリスクが高い
新合併症4 糖尿病では歯周病のリスクが高い
「夢の新薬?」SGLT2阻害薬の効果と問題点
新薬登場で広がった選択肢と「インスリン」の今後
糖尿病は「腹やせ」で治せ

著者紹介

福田正博[フクダマサヒロ]
1956年大阪府生まれ。医学博士。日本糖尿病学会専門医。大阪府内科医会会長。ふくだ内科クリニック院長。滋賀医科大学卒。大阪大学医学部老年医学講座(第四内科)入局後、ハーバード大学・ジョスリン糖尿病センターに留学。1996年に糖尿病外来専門の「ふくだ内科クリニック」開院(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

糖尿病診療30年の著者が、高血糖によって引き起こされる三大合併症や動脈硬化症の危険性、「新合併症」と呼ぶ、がんや認知症、うつ病、歯周病との関連性を解説し、予防法を提唱する。




福田 正博[フクダマサヒロ]