集英社新書<br> 性のタブーのない日本

電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
性のタブーのない日本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208108
  • NDC分類 384.7
  • Cコード C0236

出版社内容情報

『古事記』や『源氏物語』など古典を読み解き、錦絵、浮世絵に描かれたセックスのリアリティに迫る。タブーはないがモラルはあるという、世界に類を見ない日本の性文化の豊饒に迫る、驚天動地の日本文化論。

内容説明

「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈な「人間生理」とともに世界を認識していた日本人の姿が浮かび上がる。歌舞伎や浄瑠璃の洗練されたエロチック表現や、喜多川歌麿の錦絵に見られる独特な肉体観など、世界に類を見ない、性をめぐる日本の高度な文化はいかに生まれたのか?西洋的なタブーとは異なる、国民の間で自然発生的に理解されていた「モラル」から紐解く、驚天動地の日本文化論。

目次

タブーはないが、モラルはある Introduction―現代の日本に性表現のタブーはあるのか?(「性表現の自由」をうっかり語ると笑っちゃう;「性表現の規制」の中の自己規制 ほか)
第1章 それは「生理的なこと」だからしょうがない(世界は具体的に始まる;「子供を作る行為」の始まり ほか)
第2章 「FUCK」という語のない文化(性的タブーとはどんなことか;神様は「まだ早い」と言う ほか)
第3章 男の時代(少女マンガ的な『源氏物語』;肉体関係以外に他人と関係を結ぶ方法はない ほか)

著者等紹介

橋本治[ハシモトオサム]
1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、小説、評論、戯曲、エッセイと幅広く文筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

あふもん

44
昔の日本人の性に対するスタンスは興味深かった。でももう一踏み込みして欲しかった!それはまた違うジャンルなるんかな2016/03/07

宇宙猫

36
★★★★★ まえがきが長くて挫折しそうになったけど、平安時代の話なんか凄く面白かった。独自の説に走りすぎじゃないのって思う部分もあるけど、夜に女車で出かける理由とか硬派と軟派の意味とか目から鱗。2017/08/11

gtn

34
日本人には性的タブーはないが、モラルがあったと言われても、赤松啓介著「夜這いの民俗学・夜這いの性愛論」により、農村部のおおらかな性生活を知った後なので、鼻白む。2019/11/16

ラルル

31
挫折。期待して読み始めたは良いけど退屈なまえがきがやたらに長く、期待感がジワジワと下降。すっかり興が冷め頃に本編が始まり、決してつまらなくは無いんだけれど集中力が切れた脳には読んでも読んでも内容が入って来ず。半分読んだ所で挫折しました2017/08/18

HMax

30
「タブーはないがモラルはあった」、感想が書きにくい本です。タブーもモラルも時代とともに変わるので、まあ難しい。西洋の神様中心に出来てる現代のタブーは、昔の日本とは当然違うわけですね。知らないことだらけで非常に勉強になりました。この本を読むと、源氏物語(あさきゆめみしですが)の背景がより良く理解できました。それと後白河天皇が小柴垣草紙を書かせたということも面白い。小ネタ満載の一冊。2021/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9935650

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。