集英社新書<br> 腸が寿命を決める

個数:
電子版価格 ¥723
  • 電書あり

集英社新書
腸が寿命を決める

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 02時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087207835
  • NDC分類 493.46
  • Cコード C0247

内容説明

「腸管免疫」のメカニズムを説明。腸の知られざる機能や自律神経との関係、糖尿病・がん・アレルギーなどの病気との関連性なども丁寧に解説し、腸をきれいにするための食生活や生活習慣はもちろん、腸の汚れを取りのぞく新しい病気予防法(コロンハイドロセラピー)も紹介する。

目次

汚れた腸が健康を破壊する(生活習慣病とはなにか;日本はもうすぐ世界一の生活習慣病大国になる ほか)
第1章 腸は栄養素と水分を吸収する大切な臓器である(腸はなぜ大切なのか;あらゆる生物にとって「食べる」ことはもっとも重要な行為である ほか)
第2章 腸は病気を防ぐ「免疫システム」を備えている(わたしたちのからだは巨大な「ちくわ」である;消化器官の粘膜はつねに外敵にさらされている ほか)
第3章 大腸の汚れはあらゆる病気の引き金になる(腸を汚す最大の要因は「生活習慣の乱れ」である;食の欧米化(肉食、乳製品への依存)がもたらすもの ほか)
第4章 大腸をきれいにすれば病気にならない(乱れた食習慣と生活習慣を直す;大腸の汚れを安全に取りのぞく、新しい病気予防法)

著者等紹介

澤田幸男[サワダユキオ]
1957年生まれ。澤田肝臓・消化器内科クリニック(兵庫県)院長。兵庫医科大学、同大学院医学研究科修了。専門は消化器内科

神矢丈児[カミヤジョウジ]
1964年生まれ。神矢内科胃腸クリニック(大分県)院長。大分医科大学(現・大分大学医学部)卒業。専門は消化器外科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人間には「免疫」という重要な機能が備わっているが、その「免疫システム」の約80%は「腸」が担っている。本書では「腸管免疫」のメカニズムや腸の知られざる機能、様々な病気との関係を解説する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件