集英社新書<br> 宇宙を創る実験

個数:

集英社新書
宇宙を創る実験

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年09月26日 11時14分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087207682
  • NDC分類 429.2
  • Cコード C0242

内容説明

素粒子を光速近くまで加速し衝突させる加速器実験。この実験で二〇一二年、世界最大の円形加速器=LHCの研究チームがヒッグス粒子を「発見」したことは記憶に新しい。本書で扱うILC(国際リニアコライダー)は、物理学の最先端の知を結集した、従来の円形加速器とは一線を画す直線型の最新加速器。日本での建設を念頭に進むこの計画が実現すれば、ビッグバンが再現され、宇宙最初期の状態が解明できる!宇宙最大の謎である暗黒物質や暗黒エネルギーなど、物理学の課題が次々と明らかになる、壮大な実験の全容に迫る。

目次

第1部 ILCが解き明かす宇宙の謎(宇宙と物質の「起源」を求めて;ヒッグス粒子はまだ正体不明;ILCが切り開く新しい物理)
第2部 加速器実験の魅力と謎(ヒッグス粒子を「発見」した加速器;国際的なチームワークによる新発見は平和の象徴;ILC実現までの道のり;新しい国際研究所はどうあるべきか;人類の「故郷」である宇宙の謎を知りたい)
第3部 最先端技術が結集したILC(加速器技術とその波及効果;超伝導技術と加速器;加速空洞の性能向上への努力;高品質のナノメートルビームを作るATF―衝突ビームの制御技術;加速器と測定器をつなぐMDIの役割;ILCの可能性を引き出す測定器;加速器産業を日本の成長戦略に)

著者等紹介

村山斉[ムラヤマヒトシ]
東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)機構長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ヒッグス粒子、超対称性粒子、暗黒物質……現在計画中のILC(国際リニアコライダー)が実現すれば、ノーベル賞級の課題が次々と解明される! 実験から導かれる宇宙の壮大な魅力が明らかに。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件