集英社新書<br> ちばてつやが語る「ちばてつや」

個数:

集英社新書
ちばてつやが語る「ちばてつや」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月12日 09時35分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 250p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087207392
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0270

内容説明

『あしたのジョー』『おれは鉄兵』『のたり松太郎』『あした天気になあれ』など数々のヒット作で知られる漫画界の巨人が、自らの「作品」一つ一つに込めた熱い思いを、執筆当時の制作秘話を交えて初めて綴った。『ジョー』の中で一番描くのが難しかったキャラクターは誰か。『鉄平』の主人公の身長がだんだん小さくなっていったのはなぜか。あの名作の知られざるエピソードが満載の一冊。

目次

序章 「ちばてつや」になる前の千葉徹彌(一九三九~一九五五年)
第1章 高校生で「貸本漫画家」に(一九五六~一九五八年)
第2章 「少女漫画家」として雑誌デビュー(一九五八~一九六一年)
第3章 『ちかいの魔球』『紫電改のタカ』と週刊少年漫画誌(一九六一~一九六五年)
第4章 『ハリスの旋風』から『あしたのジョー』への激動時代(一九六五~一九七三年)
第5章 『おれは鉄兵』『のたり松太郎』と青年漫画への進出(一九七三~一九八〇年)
第6章 『あした天気になあれ』とスポーツ漫画(一九八〇~一九九四年)
終章 漫画の未来に向けて(一九九五年~)

著者等紹介

ちばてつや[チバテツヤ]
漫画家。1939年東京生まれ。二歳で旧満州・奉天(現中国・遼寧省瀋陽)に渡る。終戦により日本に引き揚げた後、1956年貸本向け単行本で漫画家デビュー。2002年紫綬褒章受章。2005年より文星芸術大学マンガ専攻教授。2012年より日本漫画家協会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『あしたのジョー』など数々のヒット作で知られる漫画界の巨人が、その作品一つ一つについて自ら語り下ろした初めての一冊。その57年にも及ぶ漫画家生活を振り返ることで、日本の戦後史を描き出す。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件