集英社新書<br> 東海・東南海・南海 巨大連動地震

電子版価格 ¥737
  • 電書あり

集英社新書
東海・東南海・南海 巨大連動地震

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206791
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0244

出版社内容情報

「巨大連動地震」の恐怖をリアルに描く!
東海・東南海・南海地震は数十年以内に襲来するとされており、それらが連動すると、東日本大震災を凌駕する大惨事となる。最新データをもとに「最悪の事態」をシミュレートする。

内容説明

日本列島、そして環太平洋地域が地震活動期に入った今、いつ次の大災害が発生してもおかしくない。とりわけ、東海・東南海・南海地震は今後数年~数十年のうちに襲来すると考えられており、さらにそれらが連動するケースでは、東日本大震災を凌駕する大惨事になると想定されている。本書は、関東、東海、近畿、四国、九州におよぶ広範な被害対象地域で発生する「最悪の事態」を、客観データをもとにリアルにシミュレーションし、「その日」への備えを喚起するものである。

目次

第1章 東海・東南海・南海地震とは(日本列島を襲う連動地震の脅威;歴史の見直し;四連動地震というリスク)
第2章 日本水没の危機(東京都;神奈川県;静岡県 ほか)
第3章 来たるべき未来に向けて(企業の再起;各自治体の役割;国家の役割)

著者等紹介

高嶋哲夫[タカシマテツオ]
1949年岡山県生まれ。作家。慶應義塾大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。94年、『メルトダウン』で第一回小説現代推理新人賞を受賞。99年、『イントゥルーダー』でサントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。