集英社新書<br> 至高の日本ジャズ全史

個数:
電子版価格 ¥737
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
至高の日本ジャズ全史

  • 相倉 久人【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 集英社(2012/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 14pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206692
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0273

出版社内容情報

多彩で事件に満ちた日本ジャズ、驚愕の全貌
戦後ジャズ喫茶やナイトクラブの熱狂、著名スターの来日秘話、ミュージシャンの対立と別離…等、事件と喧騒に満ちた日本ジャズの来歴をたどる。菊地成孔氏との対談、時代別の名盤リストも収録!

内容説明

アメリカ・ニューオーリンズでジャズが生まれてわずか一、二年後の大正年間の日本に、すでにジャズを演奏する日本人がいた。以来、発祥の地から遠く離れた辺境の島国・日本で、この新しい音楽はいかに進化、変貌したのか?戦後の混乱期からその現場に居合わせた著者独自の視点から、ジャズ喫茶やナイトクラブに渦巻いた熱狂、コルトレーン、モンクら著名ミュージシャン来日の舞台裏、新たなジャズの潮流、山下洋輔の登場、若きミュージシャン同志の対立と別離…など、驚くほど多彩な日本ジャズの来歴をたどる。各時代別に厳選した、参考音源リスト付き。

目次

序章 未知との遭遇―ジャズが日本にやってきた
第1章 カルチャーショック―史上最大のブーム到来
第2章 椅子取りゲーム―本家アメリカのお墨付きは?
第3章 ファンキーブーム―それはフランス経由でやってきた
第4章 “モード”の時代―アイデンティティ追求へ向けて
第5章 発想の転換―やっと答えが見つかった
第6章 テイクオフ―異種格闘技の密林を抜けて
第7章 目下飛行中の日本ジャズ―菊地成孔との対談

著者等紹介

相倉久人[アイクラヒサト]
1931年生まれ、東京出身。東京大学文学部美学美術史学科中退。音楽評論家。大学在学中から音楽誌にジャズ評論を発表し、ジョン・コルトレーンら国内外の著名ミュージシャンのステージでは司会も務めた。知的かつ硬質な評論で知られ、山下洋輔など若いミュージシャンに多大な影響を与えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

jahmatsu

17
和ジャズの歴史(70年頭まで)をザックリとお勉強できる良書。60年代のシーン濃密さは現場で体感、目撃していたからこその貴重な話の数々。熱いっ!菊池成孔との対談も面白かった。2018/03/02

アルコール入り専門書家くりりん

8
旨を張って自慢できる日本ジャズの沿革。アジアでも唯一の深い味わいを気づいてくれた先人たちの歴史。どんなにアジアの国が模倣をしようとしても培ってきた積分的歴史は絶対にできない歴史。これを如何に我々が育てていけるのか。 是非New Jp Jazzを更に花を咲かせたい!!!そんなことを感じさせた相倉氏の本です。2018/01/28

ネムル

6
日本ジャズの歴史というよりも、もっとエッセイライクな己の半世紀。バップもモードもフリーもアメリカの流れに関係なく、一気に流れ込んできた日本の混沌が面白い。なるほど50・60年代と納得のいくもので、ジャズの布教と当時の実験演劇とに密接なつながりのあるあたりが、アメリカと全く違った道のりで興奮させられた。2014/09/11

qoop

4
1950〜70年にかけて著者が日本のジャズ史の中でどういう役割を果たしたかをつづった回想録。タイトルの大仰さには〈自分の関わった流れこそ、日本のジャズ業界にとって最も価値ある変革のエポックだった〉という著者の評価をこそ読み取るべきだろう。そう考えると、著者の果たした役割を通して、そこから雪崩式に広がる影響範囲の広さ、大きさが見えてくるし、著者を越えたより大きな潮流こそが本書の意図するところだということが分かる。私的でありつつダイナミックだ。2016/10/08

Wataru Hoshii

4
もはや伝説的な(81歳、現役!)ジャズ評論家・相倉久人氏による、戦後日本のジャズ・シーンの歴史。記述の対象は氏がジャズ評論から離れる1970年までのことだが、徹底的に現場にこだわり、楽器を演奏するように「ジャズを語る」ことで、ミュージシャンと一緒に日本のジャズを創ってきた人ならではの貴重な証言が満載。人気の「和ジャズ」の背後にある歴史を知る意味でも重要だと思う。「評論家の生命線は、音を出す本人すら意識していなかったことを、その音楽から読み取ることができる才能」という氏のテーゼを、正面から受け止めたい。2012/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5664590

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。