集英社新書<br> グーグルに異議あり!

個数:

集英社新書
グーグルに異議あり!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 07時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 197p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087205374
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0236

内容説明

グーグルが、地球上すべての「本」を掌握してしまう!?複雑怪奇で巧妙な「ブック検索和解案」に世界中の著者・出版社・書店がパニックになるなか、著者はグーグルの正体を明らかにすべく、愚直に調査を開始。著作権侵害に対しては刑事告訴で対抗を試み、不当な和解案にはNYまで異議申し立てに飛び、共闘する作家と手を結ぶために欧州へ。本書は世界中の情報をのみこもうとするグーグルの策略と「デジタル書籍」のあるべき姿を考えるために必読である。

目次

第1章 春―黒船襲来(検索エンジンからの「和議」申し入れ;平成の世の「黒船襲来」 ほか)
第2章 初夏―刑事告訴(告訴状なら「所轄」の警察署へどうぞ;練馬署、グーグル和解案は「まやかし」と一刀両断 ほか)
第3章 盛夏―和解案の「正体」(“巨象”グーグルに忍び寄る“包囲網”;「青い目の契約書」には気をつけろ! ほか)
第4章 秋―対決(“欧州の明石昇二郎”を捜せ!?;ドイツでは「法務省の部長」まで抗議活動に参戦! ほか)

著者等紹介

明石昇二郎[アカシショウジロウ]
1962年東京生まれ。東洋大学社会学部応用社会学科マスコミ学専攻卒業。87年、青森県六ヶ所村の核燃料サイクル基地計画を巡るルポを『朝日ジャーナル』に発表し、ルポライターとしてデビュー。94年、日本テレビ・ニュースプラス1特集「シリーズ ニッポン紛争地図」で民放連盟賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。