集英社新書<br> 「独裁者」との交渉術

電子版価格 ¥715
  • 電書あり

集英社新書
「独裁者」との交渉術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 252p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087205251
  • NDC分類 319.9
  • Cコード C0231

内容説明

冷戦後、世界の安全保障の枠組みが激変するただ中で、カンボジアPKOやボスニア紛争の調停をはじめ、国連が主導した一九九〇年代の平和活動を指揮した日本人がいた。もっとも困難な立場に立たされた交渉人―明石康は、シアヌーク、ミロシェヴィッチ、カラジッチといった現代史に名を残す政治家・ナショナリストたちと、どのように対話し続けてきたのか?バルカン半島の現場を熟知するジャーナリスト木村元彦が、一年間にわたって連続インタビューを敢行。誰よりも苛烈な現場を潜り抜けてきたミスター・アカシの交渉テクニックに迫る。

目次

反抗児
初の日本人国連職員
国連的アプローチ
文民統制
カンボシアPKO
ボスニア
人を見る目
食事術
スリランカ問題
スリランカ和平調停の裏側
職業としての交渉者

著者等紹介

明石康[アカシヤスシ]
1931年生。57年、日本人初の国連職員となる。カンボジアや旧ユーゴの国連事務総長特別代表、人道問題担当国連事務次長などを歴任。また、財団法人国際文化会館理事長等も務める

木村元彦[キムラユキヒコ]
1962年生。ノンフィクション作家、ビデオ・ジャーナリスト。著書に『オシムの言葉』(2005年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞)等がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

超大物政治家たちとの苛烈な駆け引き。
カンボジアPKOやボスニア紛争の調停など、国連が主導した90年代の平和活動を指揮した明石康に、『オシムの言葉』の著者・木村元彦が迫る! 現代史に残る調停の裏側に何があったのか?