集英社新書ヴィジュアル版
聖なる幻獣

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087205213
  • NDC分類 388
  • Cコード C0214

内容説明

メドゥーサ、キマイラ、キールティムカ、海獣マカラ、竜、一角獣、スフィンクス、ガルダ島、グリフィン等々、人間は、自然界に存在しないさまざまな寄妙な動物たち―幻獣を考え出してきました。それらはヨーロッパ、アジアにとどまらず、あらゆる地域の神話に登場し、現実の動物にも負けないほどのリアリティーを持っています。そして、その異様なもろもろのイメージには共通した要素があり、ある種の「聖性」を有し、人々に戦慄と畏敬の念を覚えさせます。本書は、この聖なる獣たちが人間文化の中にどのような棲家を見つけ、いかなる働きをしてきたのかを見ようとするものです。

目次

第1章 キールティムカの顔
第2章 海獣マカラ
第3章 トーラナという宇宙
第4章 蛇と竜
第5章 翼のある獣
第6章 一角獣
第7章 聖獣と神々

著者等紹介

立川武蔵[タチカワムサシ]
1942年、名古屋生まれ。国立民族学博物館名誉教授、愛知学院大学教授。名古屋大学大学院博士課程中退、ハーバード大学大学院にて博士号取得。専門は仏教学、インド学

大村次郷[オオムラツグサト]
1941年、旧満州、新京(現・長春)生まれ。写真家。多摩芸術学園写真科、青山学院大学卒業。写真家・濱谷浩に師事。オリエント、インド亜大陸、中国を中心にフォト・ルポルタージュを続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

in medio tutissimus ibis.

2
キールティムカと呼ばれるインドの幻獣は、シリアの獅子儀礼容器とギリシャのゴルゴーンを源流に持ち、後者の如く切妻屋根の三角空間の頂点に、その左右に配されるマカラや柱のシャールドゥーラとともに、建築物の守護獣として、またそうした一つの世界を守護する存在として神像や仏像の装飾として用いられ、あるいは前者の流れで輪廻の輪を口に咥える無常大鬼や馬頭観音として表される。自分の体を食べてしまったという縁起譚はエリュシクトーンを思わせ、タロットの運命の輪を回すスフィンクスとは兄弟であり、中国では饕餮文と同一視されたかも?2020/02/06

いっこく

2
お前の名前がわかってうれしいよ、キールティムカ。と言うのが一番の感想で収穫。ビジュアル文庫だけに、写真が豊富で楽しいけど、たまに荒すぎるものも。。それにしても、南インドとかインドネシアに行きたくなる!2011/07/19

日向とわ

2
世界にのこる、キマイラ、キールティムカ、メドゥーサ、一角獣・・・聖なる獣たちを豊富な写真とともに解説してくれていてとても面白く、興味深く読める。2010/02/28

おおかみ

2
メドゥーサ、キマイラ、キールティムカといった異形の「幻獣」。本書は、アジアやヨーロッパの遺跡・建築物に見られるそれらをカメラで追い、共通点や源流を探る。幻獣が人々の暮らしにどのように関わってきたのかを明らかにすることで、幻獣の有する「聖性」とはどういうものなのか考察する。日本にも少なからず影響していることが分かって面白い。まだまだ研究途中である事柄も多いが、それは今後の著者の活躍に期待することにしよう。2010/01/12

二笑亭

1
キールティムカ、マカラ――聞き慣れない名前の幻獣だが、実は日本に渡りよく見知った姿になっていた。豊富な写真でわかりやすくギリシャ・ローマ〜インド〜東南アジア〜中国、そして日本への文化の伝播、解釈の変化や違いを知ることが出来る。2021/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/301738

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。