集英社新書
イカの哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 166p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087204308
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0210

出版社内容情報

イカから生まれた、21世紀の平和思想を読み解く!
特攻隊の生き残りである在野の哲学者(波多野一郎)が遺した『イカの哲学』。イカの実存を見いだすその発想から、中沢新一が新しい平和学、エコロジー学を展開。歯止めを失った現代の「超戦争」に対峙する「超平和」の思想を提唱する。

内容説明

特攻隊の生き残りで、戦後スタンフォード大学に留学した在野の哲学者波多野一郎が、1965年に少部数のみ出版した書『イカの哲学』。学生時代からこの作品に注目していた中沢新一が、そこに語られている二一世紀に通じる思想を分析し、新しい平和学、エコロジー学を提唱する。イカが人間とコミュニケーションがとれたら、という奇想天外な発想から、人間同士だけではなく森羅万象と人間との相互関係にまで議論の範囲を広げ、本質的な意味での世界平和を説く。『イカの哲学』全文収録。

目次

イカの哲学(波多野一郎)
イカの哲学から平和学の土台をつくる(イカとカミカゼ;生命の深みで戦争と平和を考える;実存は戦争を抑止する;超戦争に対峙する超平和;エコロジーと平和学をつなぐ)

著者等紹介

中沢新一[ナカザワシンイチ]
1950年山梨県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。多摩美術大学芸術人類学研究所所長・教授。小林秀雄賞など受賞多数

波多野一郎[ハタノイチロウ]
1922年京都府生まれ。第二次世界大戦中、陸軍航空隊に所属。スタンフォード大学大学院哲学科修士課程修了。1969年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nbhd

19
「新しい平和学」の提唱とかって書いてあるのだけど、結局のところ、中沢さんは『イカ』とか『イカ的なもの』って言葉をただ書き連ねたいだけなのではないかと(芸人でいう「それ言いたいだけじゃん」に近い)。「イカ」という言葉の、どこか間の抜けた、圧倒的に非暴力的なひびきを、ニューアカ的なアクロバティックな論理の上に周到に並べるといった展開。これは一種の芸当だと僕は思う。ただ、みんながみんな中沢新一さんのような人だったら、世のなかタイヘンなことになってしまうから、日本で一人くらいいればいいくらいだと思った。2016/06/26

デビっちん

10
タイトルからは想像できない深い内容。元カミカゼ特攻隊員が、米国留学中の学費稼ぎの一環として数万という大量のイカと触れ合う過程で恒久的平和のための鍵を見つけ出した。著者の思考プロセスを追っていくと、日常的な生活とかけ離れた場所でぎりぎりの体験を通して戦争論や平和論が生まれている。中沢氏の文を読むと、いつも感心させられます。大量のイカ、それぞれの気持ちを考えてみると?2016/03/08

かおり

4
特攻隊として、明日出陣する、という状況に追い込まれる経験、四年間ものシベリア抑留の経験。そんな死との隣り合わせの経験なんて私にはない(出来ればこのまま経験せずにいたい)。だけど、お互いの実存については、無視してないつもりだし、動物を殺して食べて生きていることに対する罪悪感だって、私にはある(屠殺の描写からは目を背けてしまう)。そういう当たり前と思えることが、思えなくなる恐さが私には恐い。2014/09/15

白義

4
自然生命圏にまで拡大された実存主義というか、動物への共感をテコに現実を捉え返し共感を拡大するプラグマティズムというか、ともかくそういう、不思議な雰囲気の本。素朴な文章なのになぜか不思議と入ってくるのが面白い。中沢新一の解説は悪くはないけど理とぶっとびにかちすぎて波多野の哲学の魅力が伝わらないかもしれない。イカ娘の副読本としてもオススメじゃなイカ?2012/02/28

もるもる

3
ただ単にこのタイトル使いたかっただけなんじゃないかという疑惑が最後まで拭えなかった、その程度の内容。2013/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/105260

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。