集英社新書<br> 勘定奉行荻原重秀の生涯―新井白石が嫉妬した天才経済官僚

個数:

集英社新書
勘定奉行荻原重秀の生涯―新井白石が嫉妬した天才経済官僚

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月07日 06時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 249p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087203851
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0221

内容説明

膨大な著述を残した新井白石によって、一方的に歴史の悪役に貶められた勘定奉行・荻原重秀。五代将軍綱吉時代後半の幕府財政をほぼ掌中にし辣腕をふるった。マイナスイメージで伝えられる元禄の貨幣改鋳だが、物価上昇は年率三%弱にすぎず、それも冷害の影響が大きい。金銀改鋳以外にも、各種検地、代官査察、佐渡鉱山開発、長崎会所設置、地方直し、東大寺大仏殿建立、火山災害賦課金など、実に多彩な業績を残している。本書は、金属貨幣の限界にいち早く気づいた荻原重秀の先駆的な貨幣観に着目しつつ、悪化の一途をたどる幕府財政の建て直しに苦闘し、最後は謎の死を遂げるまでの生涯を描く。

目次

序章 評価分かれる荻原重秀
第1章 新規召出―出生、家族、幕吏への登用(十七歳)
第2章 延宝検地―「検地条目」の新規立案、新方式の検地で頭角を顕す(二十二歳)
第3章 代官粛正―わずか三ヶ月の会計調査で、勘定奉行を総退陣に追い込む(三十歳)
第4章 佐渡渡海―大規模排水工事で、佐渡に「近江守様時代」をもたらす(三十四歳)
第5章 金銀改鋳―「貨幣は国家が造るもの、たとえ瓦礫であっても行うべし」(三十八歳)
第6章 長崎会所―銅の輸出で、運上金と金銀流出阻止の一石二鳥を狙う(四十二歳)
第7章 増収模索―元禄の地方直し、東大寺大仏殿再建、富士山宝永大噴火(五十歳)
第8章 解任失脚―緊急避難の銀再改鋳、新井白石による弾劾、御役御免(五十五歳)
第9章 〓(ゆう)下断食―荻原重秀の死因は本当に自殺だったのか?(五十六歳)
終章 荻原重秀死去後のこと

著者等紹介

村井淳志[ムライアツシ]
1958年生まれ。名古屋市出身。東京都立大学大学院博士課程(教育学)単位取得退学。金沢大学教育学部教授。専門は歴史教育・社会科教育論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Y2K☮

39
著者入魂の一冊。まず参考文献の多さ。史料が乏しい中でよくぞここまで。そして勝者が記す歴史で「貨幣を改悪してインフレを招き、私腹を肥やした小悪党」という人物像を一方的に押し付けられた荻原重秀の業績をフェアに評価して欲しいという熱意に感服した。情を挟まずに必要な改革を次々に実行した重秀は有能過ぎた故に敵も多かったのだろう。対立した新井白石は後の松平定信と同様、清濁併せ呑む事ができない頭でっかちの理想主義者と映った。経済はどこまでも現実主義。綺麗事や精神論で腹は膨れない。図書館で借りたけど書店にあったら買おう。2017/07/15

スプリント

12
新井白石から執拗に攻撃を受けた勘定奉行荻原重秀の功績を見直した本です。金山の復活や貨幣改鋳など財政建て直しに奮闘した実績が紹介されています。著書を残していないので後世の評価が不当に貶められてしまった印象を受けました。2016/04/30

isao_key

10
これまでの荻原重秀像を見事に覆すことに成功した著者渾身の力作。これまで引用されてきた本に飽き足らず、自らの足を使って江戸時代の資料を丹念に調べあげ、新たに提示した。当初、吉村昭氏のような歴史小説を書くつもりで調査を始めた。しかし最初の章を書いてすぐ、見通しの甘さに挫折、一方で重秀への興味はますます募り、元禄の貨幣改鋳がなぜそれほど非難されなければならないのか、いつかは実態を解明すべきだと思っていたという。実に反骨精神を持っている。重秀は貨幣改鋳以外にも、東大寺の大仏を再興したり、他にも業績を多く残した。2016/06/10

きさらぎ

5
検地、佐渡の金山及び農村対策、長崎会所・大阪銅座の設置。この辺りはとても面白い。特に佐渡金山への断固とした投資、長崎貿易直轄化など、現地に乗り込んでの調査と改革に臨んでの意志と行動力が素晴らしい。「元禄の地方直し」にも感心した。重秀の事蹟を辿る本としては非常に面白いと思う。ただ、タイトルからしても割と重要ではと思う金銀改鋳の部分には疑問符がつく。私の理解不足なら申し訳ないのだが、この方、経済についてはド素人なのではないか。2018/07/17

Kamikami

5
評価:★★★★ 「貨幣は国家が造る所、瓦礫を以ってこれに代えるといえども、まさに行うべし」と国が貨幣価値を保証する重要性を見抜き、ケインズに先駆けて財政を政策という観点から捉えていた天才官僚の生涯に迫る。その実績は佐渡金山の再開発から長崎貿易の制度刷新、元禄小判発行によるデフレ脱却と枚挙に暇がない。出目(通貨発行の差益)で事実上の資産への課税を行った点は、今話題のピケティに通じるものがあった。難点は重秀が著作を残さなかった点、また彼が純粋な実務派で、保身や駆け引きに無頓着であった(ように見える)点か。2015/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/119724

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。