集英社新書<br> 男女交際進化論「情交」か「肉交」か

個数:

集英社新書
男女交際進化論「情交」か「肉交」か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月29日 02時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087203363
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0236

内容説明

最初にお伺いしましょう。あなたは「男女交際」に興味がありますか?あれ、どうしてモジモジされるのですか。ニヤニヤしている方もいらっしゃいますね。「男女交際」という言葉の本来の意味は、辞書を引いても決して理解することはできません。「男女交際」とは、単に「男女」と「交際」という単語が結合しただけの熟語ではありません。明治の始めに、あの福沢諭吉が作り上げた、文明開化の薫り高い言葉なのです。そしてこの言葉の置かれた状況や歴史を見ていくと、「男女同権」を実現し、近代社会を構築していく手段に他ならなかったことが見えてきます。不思議で真面目な「男女交際」ワールドを一緒にお楽しみください。

目次

第1章 二つの恋
第2章 福沢諭吉と『男女交際論』
第3章 恋人たちの文明開化―女性知識人階層の登場
第4章 恋愛神聖論
第5章 恋愛哲学と『青春』
第6章 「オールドミス」から「新しい女」へ

著者等紹介

中村隆文[ナカムラタカフミ]
1953年、神戸市生まれ。同志社大学卒。京都大学大学院にて博士号(教育学)取得。専門は、美術教育史、社会文化史、教育社会史。神戸女子大学文学部教育学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

2
タイトルはなんだか扇情的だけど、内容は真面目。ともすれば固いテーマを著者の絶妙な語り口でわかりやすく面白くしている。たまに男性の同性愛についての本を読む中で、どうして戦前はこんなにも同性愛が多いんだろうと疑問に思っていたけれど、この本を読むとその答えがあまりにも明確で疑問は氷解した…けど女性の自分としてはなんともいえないやりきれない気持ちになった。2012/02/03

hikarunoir

0
明治限定の話で、扇情性も葛藤も皆無の肩透かし。ただし女の権利向上に衆道が排斥される過程だけは日本独自のもので興味深い。2013/09/21

肉ちゃん

0
日本の恋愛史の復習に。2013/06/24

かわい

0
進化論というよりも明治の文明開化によって入ってきた新たな男女交際によってそれまで差別を受けてきた女性がどのように人権を得たかというお話でした。わかりやすかったです。2009/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/80006

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。