集英社新書<br> 環境共同体としての日中韓

個数:

集英社新書
環境共同体としての日中韓

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月29日 20時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087203264
  • NDC分類 519.22
  • Cコード C0236

内容説明

国境を越えて広がる、深刻な公害、汚染、環境破壊―。現実味を帯びる「東アジア経済共同体」の前に、環境崩壊の危機が迫る。その現状と対策とは?東アジアの命運がここに。

目次

第1章 世界の中で影響力を増大させる日中韓
第2章 既に環境共同体!?相互に環境破壊を輸出し合う日中韓(中国→日・韓:大陸から酸性雨の原因物質が流れ込む;中国→日・韓:砂漠や黄土地帯から「黄砂」が飛来する ほか)
第3章 日中韓の環境問題には大きな共通点があった(CO2排出量の増加が温暖化を促進する;東アジアで原子力発電所の拡大が進行する ほか)
第4章 各国が直面する深刻な環境問題(日本・諌早湾干拓で有明海の生態系が危機に;日本・核燃料サイクルの危険性が次第に現実化する ほか)
第5章 未来に向けた取り組みが始まった(中国・専門知識を身につけた環境NGOが躍進する;中国・日本よりも先を行く環境法の整備が進む ほか)

著者等紹介

寺西俊一[テラニシシュンイチ]
1951年生まれ。京都大学経済学部卒業。一橋大学大学院経済学研究科教授。専門は環境経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

青ポス

0
2006年初版とデータは少々古いが、当時の日中韓の環境問題についてのトピックを集めた本。「中国の大気汚染による被害が日本でも顕在化する恐れもある」とか「原発の大事故が起きる前に何らかの対策が必要だ」などといった記述もあり、とても皮肉に感じた。2013/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/216769

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。