• ポイントキャンペーン

集英社新書
『噂の真相』25年戦記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 252p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087202755
  • NDC分類 051
  • Cコード C0236

内容説明

噂は、「火のないところに煙は立たぬ」という譬えにならうなら、何かしらの真実を含んでいることがある。この場合、噂は社会への警鐘であり、私たちの生活の健全な潤滑油ともなる。『噂の真相』という雑誌は、一九七九年に呱呱の声を上げ、以来、スキャンダリズムという潤いを世に提供してきた。〇四年三月、その雑誌が休刊した。公人の噂を書くことすら封じ込めようとする「個人情報保護法」の発効を目前に控え、編集長、岡留安則は筆を擱いた。本書は、この名物編集長による体験的、実際的ジャーナリズム論であり、時代変遷の風雲録でもある。

目次

第1章 『噂の真相』揺籃篇
第2章 タブーに向けての躍進篇
第3章 休刊宣言騒動裏事情篇
第4章 スキャンダリズム講義篇
第5章 『噂の真相』イズム闘争篇
第6章 「我カク戦ヘリ」歴史・戦歴篇

著者等紹介

岡留安則[オカドメヤスノリ]
1947年、鹿児島県生まれ。法政大学卒業後、『マスコミ評論』を創刊。その後、79年『噂の真相』を編集発行人として立ち上げ、二五年間、一貫してスキャンダリズム雑誌として、独自の地歩を築く。数々のスクープを世間に問うが、04年3月をもって黒字休刊となる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。