• ポイントキャンペーン

集英社新書
余白の美 酒井田柿右衛門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087202670
  • NDC分類 751.1
  • Cコード C0272

内容説明

色絵磁器の最高峰、柿右衛門。その最大の特徴は赤絵の華麗な絵柄とともに、『濁手(にごしで)』と呼ばれる乳白色の磁肌にある。江戸時代に生まれ、一時途絶えていた濁手の技術を甦らせた十二代、十三代柿右衛門とその工房。そして、十二代の祖父、十三代の父から伝統と工房を受け継ぎ、傑作を生み出してきたのが十四代柿右衛門だ。祖父、父から受けた薫陶、やきものを作る実際の工程など、人間国宝でもある十四代が初めて語った柿右衛門の美の神髄。歴代柿右衛門の作品解説もあわせて、柿右衛門窯のすべてがここに明かされる。

目次

1 わたし(職人気質というものは;十二代と十三代;三代で一人前 ほか)
2 つくる(有田のやきもの;石を砕く;泉山の石 ほか)
3 あじわう(柿右衛門窯とその様式;様式の特徴;色絵 牡丹菊文 蓋付 壷 ほか)

著者等紹介

十四代酒井田柿右衛門[ジュウヨンダイサカイダカキエモン]
1934年佐賀県有田町生まれ。多摩美術大学日本画科卒業。1971年、日本工芸会正会員となる。1982年十四代柿右衛門を襲名。2001年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。2002年、日本工芸会常任理事に就任
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の「陶磁器」を語る上で、柿右衛門ほど格調高く、また歴史を誇る窯はない。江戸時代に始まり、赤絵の技法を確立、ついには中国・オランダに輸出され、世界中の陶磁器に影響を与えた名門。その14代当主にして人間国宝が語る「職人芸」の大事さ、やきものの心。歴史と個人的な精進が生み出す至高の器の秘密が初めて明かされる。