集英社新書
誇りと抵抗―権力政治(パワー・ポリティクス)を葬る道のり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 173p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087202489
  • NDC分類 310.4

内容説明

1997年度英ブッカー賞受賞のインド人女性作家、アルンダティ・ロイは、人権の抑圧に抵抗する政治活動でも注目されている。急速なグローバリゼーションや米国の圧力、強圧的なインド政府によって生きていくことが脅かされてきた人びとの力になるために、自らの良心に従って積極的に発言しつづける。権力政治が人びとを脅かす現代インドの過酷な状況や、国際社会の矛盾を鋭く批判するエッセイ六篇を集めた、心に響く論文集。

目次

女たちは気づいている…“専門家”には任せておけないことに
アヒンサー(非暴力の抵抗)
市民が異議を申し立てる権利
ノーム・チョムスキーの孤独
聖者が町から出てゆく―マーティンとモハンダスとマンデラの不思議な運命
権力政治―ルンペルシュティルツキンの再来

著者紹介

ロイ,アルンダティ[ロイ,アルンダティ] [Roy,Arundhati]
1959年、インド・ケララ州生まれ。デビュー作『小さきものたちの神』で、1997年度英ブッカー賞を受賞、大きく注目される。戦争や人権侵害に反対する姿勢でも、世界から尊敬を集めている

加藤洋子[カトウヨウコ]
東京生まれ。文芸翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)