集英社新書
レイコ@チョート校―アメリカ東部名門プレップスクールの16歳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 211p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087201147
  • NDC分類 377.6
  • Cコード C0237

内容説明

アメリカ合衆国で三指に入る名門プレップスクール(寄宿制私立高等学校)、チョート・ローズマリー・ホール。小学六年生で英検一級を取得した著者は、そのチョート校に奨学金付きで合格、15歳で入学した。多彩なカリキュラム、広大なキャンパス、充実した設備、互いを研鑽する寮生活…。一流大学進学を目的とするプレップスクールの中でも、チョート校は学力だけではなく人間性の育成を重視したトータル教育によって、ケネディー大統領をはじめ有為な人材を数多く輩出している。世界から優秀な生徒が集まる伝統的プレップスクールでは、どのような教育が行われているのか?アメリカ高度教育の驚きの実態を、それを体験している側から、楽しい留学生活を通して浮き彫りにする。

目次

第1章 期待と不安―驚きの一学期(緊張の初日;「わからなくていいんだ!」―数学 ほか)
第2章 全力疾走の二学期(寒さにも負けないホリデースピリット;ついに二十一世紀 ほか)
第3章 十六歳、実りの三学期(待ちに待った、春が来た?;アウトドアでアクティブに ほか)
第4章 それぞれの夏(あっという間に学年末;最も忙しかった一年)

著者等紹介

岡崎玲子[オカザキレイコ]
1985年兵庫県生まれ。米カリフォルニア州や中国広州市で幼少期を過ごした後、帰国。小学六年生時に英検一級を取得。中学一年生時にTOEFL670点、中学二年生時にTOEIC975点を獲得し、国連英検特A級を取得する。全米トップ3に入るといわれるチョート・ローズマリー・ホール校に合格し、中学三年生だった2000年9月、チョート校二年生として入学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

扉のこちら側

19
再読。2014年538冊め。勉強がしたくなる。2014/08/17

真香

12
小6で英検1級、中2でTOEIC975点を獲得して、アメリカの超名門チョート校に留学した著者。カリキュラムの充実っぷり、日本の学校とは全く違う授業形式、多国籍な寮生活… 大変ながらもイキイキと謳歌する様子が伝わってきた。それに比べて、自分が学生の時は一体何だったのか…と、読みながら思わず冷や汗^^; 著者みたいな才媛とは程遠いけれど、私も自分なりにまだまだこれから勉強頑張っていこう!と励みになって、とても良い刺激を受けた。勉強嫌いの方ややる気スイッチ入れたい方は、一読の価値アリかと。2018/07/10

扉のこちら側

9
2001年に初読。中高生の頃の留学はとてもたのしそう。しかしその下地となるものをしっかり養う必要がある。2005/08/17

かりん

5
4:けっこう古い本ですが、本質は失われていないかと。本人がわくわく楽しんでいる様子が良いですね。受けてみたくなる。■授業は、わからないことを解決する場。授業とは、前日の予習を基に意見交換し、さらに理解を深める場。みんなに平等に与えられている24時間。そのなかで、自分のやりたいことに優先順位をつけ、どう、うまく時間をやりくりしていくか。Good question.2012/07/15

きんにく

4
日本の学校との違いが興味深かった。特に世界史の授業で、パリ講和会議のシミュレーションをした話は面白かったです。2010/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546247

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。