集英社オレンジ文庫<br> 平安あや解き草紙―この惑い、散る桜花のごとく

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

集英社オレンジ文庫
平安あや解き草紙―この惑い、散る桜花のごとく

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086804042
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

恋に、政治に、仕事に揺れる平安お仕事絵巻、激動の急展開!!
「妻でなく母でなくとも甲斐のある女の人生を、私があなたに見せてあげるわ」

藤壺女御の男児出産をきっかけに、帝の寵愛を競う女たちの争いが激しくなった。
同時に本来の皇統である嵩那の東宮擁立を求める朝臣の声も高まり、伊子は頭を抱える日々が続く。
ところが渦中の嵩那は、誰にも告げないまま、あろうことか伊子の宿敵・入道女宮がいる吉野に出奔したことが発覚し、本人不在のまま東宮に内定してしまう。
これは、政治的判断により、伊子と嵩那の結婚を白紙に戻す決定でもあった…。

嵩那はいったいなぜ、何をしに入道女宮のいる吉野に行ったのか。
いつの時代も、働く女子は決断を迫られる。
伊子が選んだ道とは!?

内容説明

藤壺女御の男児出産をきっかけに、帝の寵愛を競う女たちの争いが激しくなった。同時に本来の皇統である嵩那の東宮擁立を求める朝臣の声も高まり、伊子は頭を抱える日々が続く。ところが渦中の嵩那は、誰にも告げないまま伊子の宿敵・入道の女宮がいる吉野に出奔したことが発覚。本人不在のまま東宮に内定した。これは伊子と嵩那の結婚を白紙に戻す決定でもあった…。

著者等紹介

小田菜摘[オダナツミ]
沖原朋美名義で2003年度ノベル大賞・読者大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れみ

53
平安の後宮が舞台のミステリー、第7弾。帝の寵愛をめぐる女性たちの争い、嵩那の東宮擁立をめぐる動き。あれもこれも手に入れようなんて欲張りだと伊子を非難する人物もいるし、伊子自身も「諦めはしないけど全部を手に入れることは難しい」という思いもある状況ではあるけど、読み手としては、伊子には望むものは手に入れてほしい、どうにかうまい方法はないものか?と思ってしまう。入道の女宮の企みにさらに引き入れられそうになっている人物がひとり。今後が気になるところ。2022/01/17

よっち

48
藤壺女御の男児出産をきっかけに、激しくなってゆく帝の寵愛を競う女たちの争い。同時に本来の皇統である嵩那の東宮擁立を求める朝臣の声も高まり、伊子が頭を抱える日々が続く第七弾。後宮が難しい状況になる中、渦中の嵩那があろうことか伊子の宿敵・入道女宮がいる吉野への出奔が発覚。本人不在のまま東宮に内定してしまい、どちらにも無関係でいられない伊子が難しい判断を迫られる展開でしたけど、ようやく想いと覚悟こそ定まったものの、状況はかなり複雑化しちゃいましたね…女宮の執念がまた嫌なところを突いてきそうで続巻が気になります。2021/11/02

坂城 弥生

41
遂に女宮が完全に伊子を敵認定したのね…これからどうなるのか不安…2022/01/14

のんちゃん

34
時、平安、後宮で尚侍として働く伊子の活躍を描く平成お仕事シリーズ第7段。前巻の終わりから気になり、他の併読本、そっちのけで読み出した。今回は帯にある通り激動の急展開。しかしながら、この時代の人々の行動には裏の意味があり、それを受けとる側も感性のアンテナもいつも張り巡らしていなければならず、本当に大変だ。まぁ、だからこそ和歌の様な文化が発展したのだろうけど。最後にまた、女宮の不穏な動き。絶対に負けるな伊子‼️と最終頁で叫んでしまった、心の中で(^^;;2021/10/08

らび

33
小娘ばかりと侮れませんね・・なかなかどうして!嵩那が東宮として立坊が決まり伊子(かのこ)との結婚は事実上破談か~帝の思いも分からないではないが(伊子へのではなく)2人の気持ちも通い合ってるだけにもどかしい。女宮の執念が2人の中を決定的に引き裂きそうな次回が怖い。玖珠子というカードを?どこかに起死回生がないものか・・2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18559452

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。