コバルト文庫<br> 炎の蜃気楼(ミラージュ)〈8〉覇者の魔鏡 後編

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

コバルト文庫
炎の蜃気楼(ミラージュ)〈8〉覇者の魔鏡 後編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784086116855
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「このひとを、鏡の中から解放してほしい」それが、直江が選んだ願いだった。北条氏康の化身した竜が持つ〓(つつが)鏡に呼応し、魔鏡から高耶の魂が放出された。意識を取り戻した高耶は風魔が支配する箱根を脱出し、譲が木縛されようとしている日光へ向かうのだった。天海僧正が徳川幕府守護のために、強力な呪法を行ったという『関東大三角』をめぐって北条と上杉夜叉衆の最終決戦が始まった。