コバルト文庫<br> 炎の蜃気楼(ミラージュ)〈8〉覇者の魔鏡 後編

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

コバルト文庫
炎の蜃気楼(ミラージュ)〈8〉覇者の魔鏡 後編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784086116855
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「このひとを、鏡の中から解放してほしい」それが、直江が選んだ願いだった。北条氏康の化身した竜が持つ〓(つつが)鏡に呼応し、魔鏡から高耶の魂が放出された。意識を取り戻した高耶は風魔が支配する箱根を脱出し、譲が木縛されようとしている日光へ向かうのだった。天海僧正が徳川幕府守護のために、強力な呪法を行ったという『関東大三角』をめぐって北条と上杉夜叉衆の最終決戦が始まった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

58
緊迫する戦いの連続。渦中で対峙する謙信と家康。両雄の姿に、何故か私がハッとする。そして氏照の示した肉親の情とやさしさに涙。「帰っておいで」そうやって無条件で受け止めてくれる人は、もう、いない。帰る故郷を失った景虎に突きつけられるのは、厳しい現実。「私に甘えないでください」なーおーえー。誰もが、彼が恙鏡を壊すのではないかと危惧していた。けれども、ギリギリの所で踏みとどまった直江。その選択は間違ってはいない。けれども、そうやって選択した道は、高耶にとっても直江にとっても修羅の道であることには違いがないのだ。→2016/08/14

藤月はな(灯れ松明の火)

24
野望に憑りつかれた氏政の高耶さんへの暴言に「家族と言えども許されないだろっ!!」と怒り、氏照兄様が最後まで高耶さんを守った兄弟愛に泣きました。本当に素敵でいい人です、氏照兄様(泣)直江氏のあまりにも押し殺し過ぎて屈折した告白と「直江が思いを寄せているのは景虎か高耶自身か?」で悩む高耶さんや色々、不安な展開に暗澹たる気持ちになります。あの日光を頂点とする三角形には高田崇史氏の「鬼神伝」を思い出してニヤニヤしました。2012/01/14

フキノトウ

21
これから、不穏な展開になりそうですね。譲の正体がやっと分かりました^^2013/12/29

カキ@persicape

15
すごい世界観だ。直江の選択を見守り、動揺して読み返すほど目が離せぬ再会が繰り広げられ、やれひと段落と思いきや直江のヤンデレが走り出し、おまっその台詞のくだりこのレーベルでそんなバカなと目を疑い、これでまだ8巻か?嘘だろ?と戦慄し、再び何食わぬ顔でサイキックアクションに通常運転が開始され、相変わらず高坂さんは便利で、なんだかんだ正しいイケメンは千秋だよなと感じ、神獣大戦争が繰り広げられたのに、まさかの大御所対談はマッハのスピードで終わり、北条家を想い題材の小説読もうと誓い、なにより私は麻衣子になりたい(爆)2018/01/10

枯伍

15
直江の選択は「苦しくても二人で生きる」ことだった――目覚めた直後はいい雰囲気だったのに、すぐにぎすぎす。箱根脱出はハラハラしますね。北条に囚われた千秋はつつがちゃん調教して脱出。そして東照宮潜入。今回怨霊相手というより霊獣バトルって感じだったなー。やっぱ家康最強。そして直江vs小太郎、北条兄弟vs景虎で事件終結…。麻衣子との約束が直江の真実だろうに高耶にひどいこと言ってますよこの人。置き去りにされた高耶もぐるぐるしてるが景虎が選んだ結果だよ今の状況は。譲の前世もわかるも《魔王の種》打ち込まれてさあ大変。2018/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561369

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。