コバルト文庫<br> 亡国のハガラズ―シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓

コバルト文庫
亡国のハガラズ―シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086013758
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「黒き王」の援けを得た奏たちは遂にアースガルズへと侵入する。だが、そこでは心臓を奪われたはずの樹海帝アドルフが生還を果たしていた。しかも、超騎士全員を罷免して指環を剥奪せよとの命令が!?それは本当に兄なのか?アイザックは真偽を確かめるため、奏に“ロキの隠匿石”を託し、わざと囚われの身となる。一方、奏はケヴァンとともに中立だという白エルフ族の棲む“鋼の森”を目指すが…。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

香穂

3
ケヴァンの裏切り行為が痛い。奏頑張れって思った矢先にあんな最後で続きを待つなんてもどかしすぎる。2010/02/13

紅羽

2
舞台はアースガルズへ移り、そろそろ終着点がうっすらと見えてきた感じです。それにしてもケヴァンには胸が痛みます。ラストの終わり方がとても気になります。奏、どうなっちゃうの…。2014/10/04

おかゆ

1
え、もう「クライマックスへと向けて加速する(帯)」って……お、終わるの? 終われるの?2010/02/19

皐月

1
あと数冊で終わり? 舞台がアースガルズに移って盛り上がってきたけれど……またとんでもないところで終わったー! ケヴァン好きとしては、「六十六号」になっている彼がもどかしくてならない。あと、マリエスが1番何考えているのか分からなくて不気味。2010/02/11

punto

0
追記。2010/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。