コバルト文庫
シヴァの踊る森―シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086008600
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「アイザック・フォン・ヴァルトミュラーという名の職員はいない」。亡きヘルマンからのメールを受け取った奏。アイザックもまた自らの使命に決着をつけようとしていた。土地神の加護を受けるため、大口真神の宿る御岳に登った二人に襲いかかる新たな刺客ギド。断崖から滑り落ちた奏を助けたのはケヴァンだったが…。「地図にない国」と黒い心臓の謎がいよいよ明らかに!!シリーズ第4弾。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅羽

5
シリーズ四冊目。第一章の完結編。遂に来たアイザックとの離別。これまで敵か味方かで揺らいでいたのが一気に動きました。そしてアイザックの後に奏についたケヴァン。彼は何となく奏側になるような気がしてました。お人好しにも命を救っている事ですし。そしてアドルフはやっぱりあの方だったんですね。2013/06/30

古河

1
ケヴァンかわいいよ 2013/01/27

聖陽ひなた

1
ようやく奏も自分に移植された心臓と、前の持ち主、ケヴァン、アイザックたち超騎士たちの置かれた状況を理解し当事者に。主人公なのに、当事者になるまでが長すぎだ、この現代っ子め!!お犬さんも味方に付けたことだし、せっかく永らえた命を守るためにがんばれ~。2011/01/26

punto

0
追記。2008/08/04

立花真幸

0
★★★☆2010/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/497473

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。