コバルト文庫<br> マリア様がみてる 〈チャオソレッラ!〉

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

コバルト文庫
マリア様がみてる 〈チャオソレッラ!〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086003995
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かのこ

43
シリーズ十七作目は、一週間の修学旅行inイタリア! 海外に一週間も…なんて、やっぱりリリアンはお嬢様学校だな…(わたしの学校は、国内に2泊3日とかだった記憶) 今野先生が実際にイタリアを取材されたんだろうな~というリアルさと祐巳ちゃんの目を通した良い意味で庶民的日本人的なイタリア旅行記。 由乃と祐巳ちゃんの絆が深まるエピソードもあったり、お姉様の無理難題、佐藤聖様の影も感じられたり。非日常感の詰まった楽しい一冊。2020/05/22

ぬー

15
まさか「マリみて」で紀行文(のようなもの)が読めるとは!イタリアを堪能しました。★4.52017/09/02

kitten

14
マリみて再読。17巻目はイタリア修学旅行。ローマ、フィレンツェ、ヴェネチアって、ちょうど塩野七生さんの小説ルネサンスと同じ組み合わせ。まぁ、イタリアで観光地となればそうなるんだろうけどさ。聖さまが加藤さんと一緒に旅行にいくって話は、以前の巻からも出ていたので、そういうことなんだろう。イタリアもいってみたい国の一つ。次はいよいよ、学園祭。2021/06/27

幸音

14
修学旅行でイタリアへ。高校の修学旅行の行き先がヨーロッパというのはさすがお嬢様学校と言うべきか。イタリアは一度行ってみたい国。祐巳達がすごく楽しそうな旅をしていて、羨ましいと思った。イタリア1日目の夜、祐巳と由乃さんのやりとりが親友という感じを漂わせていた。聖さまは本当に来てたのかな、噂としてだけ聖さまの存在が曖昧。帰国後祥子さまと祐巳のやりとりの中、特に葉書のくだりがすごく好き。タイトルの意味が分かり、イタリア語だと普段よりも気軽な雰囲気がする。2013/10/11

そばかす♪

12
リリアンは修学旅行イタリアなんですね。きっと聖さまは加藤景さんと旅行していると思われますが...どうなんでしょうね。数日遅れのエアメールで怒って(照れて)いる祥子さまが可愛かったな。2014/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574655

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。