コバルト文庫<br> 阿修羅の前髪―炎の蜃気楼(ミラージュ)〈38〉

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

コバルト文庫
阿修羅の前髪―炎の蜃気楼(ミラージュ)〈38〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 237p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086002820
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

禁忌大法完成の『国譲り』を行うため内宮に現れた信長の前に立ちはだかったのは、弥勒の時空縫合を破り“遙か未来のイセ”から帰還した直江だった。『魂核死の手形』を得るために信長の真の僕となるか、布都御魂を得るために戦うか、直江に選択の時が迫る。伊勢の市街地では景虎方と織田方の怨霊が激闘を繰り広げ、一方“黄泉”の世界では、礼が、流された天孫方の神々を集め始めていた。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

12
生きていくことで潰されると分かっていても織田信長の「生きたくないという者は生きなくてもいいし、生きたいと願う者にはその機会を与える」という言葉は生きたくないという者には激しい憎悪を持つ私も考えたことだったので動揺しました。どんなに願っても皆が望むものは叶わないという事実は希望を持っていた分だけ、心に穴が空いたかのように悲しくて涙が止まりませんでした。しかし、諦めも越えて最後まで己が決めた決意を歩み続ける人々を最後まで見届けようと溢れる涙を拭います。2012/03/18

たろさ

5
ミラステ後の再読。この目で見た。上杉景虎のいない世界の光景を。景虎とともに死ねるなら、本当は、いつ死んでも構わないーーそれが願いだったとあの廃墟で気づいた。 直江、思い出してくれ。なんのために、それが必要だったのか。生きて残る自分を楽になるために、彼のサイゴを絶望で塗りつぶすのか!戦いの中わずかでも魔王の種を通じて信長へ押し入ることに成功する。「直江」「直江」名を呼ぶ。何度でも。 布都御霊でも高耶の魂魄異常の治癒はできなかった。徒労でもいいのだ。この「現実」という名の針を呑み込んで、また歩き始める。2018/10/15

ゆん

5
ようやく、直江と高耶が出会えた。やっぱりこの二人が一緒にいると落ち着く。良かったね。って思う。でも物語はクライマックス!キャラクターひとりひとりのいく末も気になる。2018/02/17

momo

4
私的にこれまでで一番辛い巻だったかもしれない…真実高耶と幸福を摑むために、信長に屈して自身の魂核死を得ることを諦め、勝てる見込みの無い闘いに挑む直江の痛々しいまでのつよさが沁みる。乗り過ごして遅刻した直江が鈍行列車でやって来るのを、雪の中駅のホームで待っていた高耶さんのくだりではちょっといろいろ堪えられなくなった。そして高耶さんが布都御魂を使った魂核治癒に赴いている間、延々と折り鶴を折り続けていた直江の胸中を思うともう……「折る」っていう字は「祈る」っていう字によく似ているよね…2013/09/23

kei

4
残り2冊かと思うと・・・読めない!!!でも、続きが知りたい!!ものすごーく嫌な予感がするんですが・・・2009/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/549370

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。