ヒーロー文庫<br> 辺境魔法学校〈3〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

ヒーロー文庫
辺境魔法学校〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784074382224
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

十人目のウトナビシュテヌとなった神宮寺は、学校側が彼を監視する必要もあり、辺境魔法学校に採用されて働いていた。魔法先生の目的であった十人目が誕生した今、新たな学生は必要ないはずだったのだが、なぜか再び学生を募集し入学試験が行われた。神宮寺は今度は教師として、辺境魔法学校の授業に参加することになった。すると、かつての学友の月形と嘉納から、それぞれある生徒を気にかけてほしいと頼まれる。何やら裏事情があると察するが、学生募集の真意はわからないまま。神宮寺は過去の自分たちと重ねながら、学生に接していくのだが―。