他人に話したくなる相続の話

個数:
電子版価格 ¥1,166
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

他人に話したくなる相続の話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784074011018
  • NDC分類 324.7

内容説明

つい誰かに話したくなる相続の疑問に実用的な解説をつけてお答えします。誰も教えてくれない相続のオモテとウラ。

目次

1(遺言書で子どもを認知できる?;全財産をひとりに譲ることはできる? ほか)
2(愛人に財産を譲りたい;ペットに財産を譲りたい ほか)
3(犯罪加害者の相続権を無効にできる?;とんでもない父の遺言を白紙撤回したい ほか)
4(夫婦連名の遺言を残せる?;源氏名しか知らないホステスに遺贈したい ほか)

著者紹介

比留田薫[ヒルタカオル]
弁護士。1981年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。89年、弁護士登録。同年より、「大原法律事務所」に所属。離婚、相続、遺言書作成、破産・任意整理などの民事全般を扱う。東京弁護士会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

愛人に財産を残せる?認知症の親の遺言は有効?養父3人で相続も3倍?つい他人に話したくなる仰天相続話をまじめに検証しました