宮内庁の総料理長のおいしいレシピ

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

宮内庁の総料理長のおいしいレシピ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 119p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784074006335
  • NDC分類 596
  • Cコード C2077

内容説明

家庭料理は引き算である。4代目主厨長が教える簡単!おいしい!家庭料理。

目次

第1のレシピ 失敗しようのない簡単さ。まずこの5品(にんじんのポタージュスープ;鶏肉のソテー マスタードソース ほか)
第2のレシピ 素材を生かす、生かしきる(大根をまるごと;野菜・魚を干す ほか)
第3のレシピ 3種の調理道具で、あっという間に完成!(圧力鍋で(豚の角煮;いわしの有馬煮)
圧力鍋+フードプロセッサーで(シーフードカレー;夏野菜カレー) ほか)
第4のレシピ 少しの時間があれば…作ってストック(花巻き;肉まん ほか)
第5のレシピ 季節がくると作りたくなる味(アスパラガス(アスパラガスと鶏胸肉のくず煮;アスパラガスのふわふわ卵;アスパラガスごはん)
たけのこ(たけのこの洋風炊き込みごはん;たけのこの素揚げ;たけのこピザ) ほか)
第6のレシピ おやつ・デザートも手作りが何より(大学いも;スイートポテト ほか)

著者紹介

高橋恒雄[タカハシツネオ]
1943年群馬県生まれ。65年に宮内庁大膳課に入り、65歳の主厨長定年まで勤める。「食」の仕事で全国を飛び回るほか、「ボランティア集結を応援する会」「復活応援フェニックス」など、東北の被災地を支援する活動を積極的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

4代目宮内庁大膳課主厨長(総料理長)・高橋恒雄さんが教える家庭料理の本。料理は引き算、そして「思いやりの心」です。