ヒーロー文庫<br> ネクストライフ〈1〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

ヒーロー文庫
ネクストライフ〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月21日 18時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784072903926
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

山田隆司は山岳部の合宿で向かった雪山で遭難してしまう。彼が目を覚ますとそこは見覚えのない森の中だった。困惑しつつ、状況を把握しようと周囲を見回すと、空にはネットゲーム「ファンタジー・アドベンチャー・オンライン」と同じく、二つの太陽が浮かんでいた。ここはゲームの世界なのか?ゲーム同様に魔法も使える。そんな中、隆司は一人の少女と出会う。彼女は森の中で、コボルトやオークと一緒に暮らしていた。隆司は彼女らと一緒に生活するようになるが、ある日追手が現れて、穏やかな日々は終わりを告げる。彼女らは一体何者なのか?平凡な高校生だった隆司の、異世界での冒険が始まる。

著者等紹介

相野仁[アイノジン]
神戸市在住。一般企業に勤務しながら執筆活動する兼業作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七色一味

25
読破。う~む。廉価版『ソードアート・オンライン』(ま、アニメしか観てませんが)? なんか世界観が完全に構築されきっていない──ひょいと背景の裏側を見ると書割のベニヤ板が見えちゃった感たっぷり。それとも『SAO』に感化されすぎてるのか、どうも中途半端な感じ。無意味な独白(なんか、あーでもないこーでもない的な)、伏線にもならない展開とか、読んでて赤ペン握りしめて、訂正したくなってくる。次巻までは買っちゃってるので、読みますけどねぇ。2014/09/21

近藤

22
マンガ化とのことで最新刊まで読んだけど、正直文章がすごく粗いし、ストーリーは行き当たりばったり感があるし、設定は本当にありふれたテンプレートで目を引くものがまったくなく、さらに後になればなるほど引き伸ばしの連続でちっとも話が進まない。通販サイトのレビューがほぼ罵詈雑言で埋まった時点でテコ入れをすべきだったのではと思う。厳しいようだけど値段分の価値がない。2016/10/23

クロウ

19
微妙。タイトルの通り、異世界で第二の人生をまったり生きるお話。一応バトルもしてるけど、なんというか地味。後半、ラストバトルも全体的に盛り上がらなかった印象。ヒロインがモンスターテイマーでお供にオークとコボルト、というのは新しいくていいなと思いました。正直、これを読むなら他にも素晴らしい異世界ものはたくさんあるかなと。イラストは少なかったけど素晴らしい。付録の方が面白かったような気がしないでもない。2014/09/25

tonkatudon

17
途中からオンラインゲーム転生物だと忘れるくらいの、普通のファンタジーでした。 話の進行は丁寧すぎて平坦で、モンスターあたりをハッチャけさせれば、面白かったかもしれない。2013/11/05

きりひと

14
★☆☆☆☆ うっすらとした起承転結はあれども、盛り上がりに欠ける、…つまりは「楽しみどころ」を終始、掴み損ねたような。とどのつまり、他の異世界転生モノに比べれば、頭2つ分ほど劣るような印象を受けた。単刀直入に言ってみれば、「読み進めるのがダルい」。ページをめくるための原動力を作品から得られない。けっきょく、作者の「作家」としての技量が「なろう」(ネット小説での連載)の域を超えていない、つまりは商業誌として読者にカタルシスを植え付ける域にまで達していないように感じた。ただ、イラストだけは耽美でよかった。2015/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6830238

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。