岡田ジャパン ブレない「組織脳」―W杯16強のチームを創り上げた80のメソッド

電子版価格 ¥972
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岡田ジャパン ブレない「組織脳」―W杯16強のチームを創り上げた80のメソッド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784072748787
  • NDC分類 783.47

内容説明

サッカー日本代表監督・岡田武史とイレブンたちの「発言」を『イチロー脳力』でおなじみの鹿屋体育大学教授・児玉光雄先生がスポーツ心理学で読み解いた「組織力」を生かす数々のノウハウ。ビジネスにも応用できる「負けない」方法が詰まった1冊。

目次

第1章 リーダー脳―人の評価は気にしない。評価は「結果」で変わるもの。「人間万事塞翁が馬」 岡田監督のブレない信念。指導者としての矜持とは
第2章 ビジョン脳―チームにビジョンを示し、目標を宣言するカリスマ、オシム監督からの突然の引き継ぎ ありえない「ベスト4」を公約
第3章 土壇場脳―人間は土壇場になるほど本来の力を発揮できる。直前の強化試合での連敗 ボロボロで不満渦巻く組織をどう立て直すか
第4章 決断脳―チームとは「生き物」。理想を捨て非情に勝利を目指す。W杯直前の「戦術変更」の決断 主力をはずし、システム変更をなぜしたのか
第5章 チーム脳―「個」の能力の積み重ねこそが真のチーム力 戦いながら、勝利の経験を重ねながら強くなっていく組織とは
第6章 組織管理脳―チームに100%の力を出させる組織管理力 大健闘したその裏にあった数々の、隠れた細かい気遣いとは
第7章 リーダーシップ脳―部下の自主性を育てていく 岡田ジャパンの選手たちの発言から見る「個」のリーダーシップ力とは

著者紹介

児玉光雄[コダマミツオ]
1947年兵庫県生まれ。鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒業。学生時代はテニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にて学び、工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門の客員研究員としてオリンピック選手のデータ分析に従事。過去20年以上にわたり臨床スポーツ心理学者として、プロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める。また、日本で数少ないプロスポーツ選手・プロスポーツ指導者のコメント心理分析のエキスパートとしても知られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)