日本人の戦争観はなぜ「特異」なのか―日本と欧米の比較にみる戦争と人間の風土

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784072475683
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0095

内容説明

憲法9条や反戦の議論をする前に日本人が知っておきたい歴史の常識。戦争はスポーツ、捕虜の優遇は金儲け、戦争と死は別もの、文民が軍人よりも軍事通…こんなこと、日本人は理解できますか。

目次

1 くいちがう戦争観と平和観
2 戦争のなかの歴史
3 人工的な国家
4 たかい軍人の社会的地位
5 対照的な死生観
6 これからの日本

著者等紹介

鯖田豊之[サバタトヨユキ]
1926年奈良県生まれ。京都大学文学部卒、西洋中世史専攻、文学博士。京都府立医科大学名誉教授。2001年逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本人がなぜ「戦争オンチ」なのか、この本全て納得がいきます。第1章 食い違う戦争観と平和観(捕虜を殺せば戦争はなくなる、捕虜になっても戦意は失わない、戦争と死は別もの……)第2章 戦争の中の歴史(国王は軍司令官、戦争は慢性食料難から、個人の武装権と国家の武装権、戦争を念頭に置く社会科学、戦争は一種のスポーツ、捕虜は金儲け……)第3章 人工的な国家(たよりになる国家と国旗、あてにならない人種と言語、はっきりしない前近代国家、契約論を否定したナチスの悲劇、どこにもない日本の鎖国的発想……)第4章 たかい軍人の社会的地位(軍人はあこがれの恋人、なお存在する外人部隊、軍人より軍事に明るいシビリアン、社会の外の日本軍人……)第5章 対照的な死生観(ひとりで死ねない欧米人、生と死の断絶、自殺禁止の意味するもの、死は嫌悪と憎悪の対象……)第6章 これからの日本(限定戦争こそ欧米諸国の本命、世界の悲劇と日本の将来、特異な戦争観はいつまで)