• ポイントキャンペーン

子どものおこづかい練習帳―おこづかいをもらおう!おこづかいをあげよう!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 37,4/高さ 21cm
  • 商品コード 9784072423707
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C2077

内容説明

子どものおこづかいマニュアル。このおこづかいシステムを使えば、「お金とのじょうずなつきあいかた」「物の大切さ」「がまん力」を子どもに教えられます。

著者紹介

デューイ,キャスリーン[デューイ,キャスリーン][Duey,Kathleen]
児童書作家として、20年以上にわたって多彩な活動を展開。若い読者に向けた歴史小説も数多く出版し、『アメリカ人の日記』シリーズでは50万部以上のベストセラーとなり、栄誉ある賞を受賞。そのほかにも、子ども向けのファンタジー、ホラー、絵本など、多岐にわたる著作活動をおこなっている

ベリー,ロン[ベリー,ロン][Berry,Ron]
児童書作家兼、子ども向けのビデオ・ゲームプロデューサー。子ども時代に直面するさまざまな問題を、子どもが自分の力で切り抜けていくための“セルフ・ヘルプ本”を数多く手がけ、シンプルでわかりやすく、教育的配慮が行き届いていると高い評価を受けている。過去に出版した本は3000冊以上、合計8千万部以上の売り上げを誇る

西村隆男[ニシムラタカオ]
横浜国立大学教授。博士(経済学)。専門は消費者教育学、消費者経済学。「子どもとマスターする46のお金の知識」「日本の消費者教育」「クレジットカウンセリング」などの著書がある。金融教育や多重債務者問題にも詳しく、金融広報中央委員会(日銀内)の発行する学習教材の執筆者、国民生活センターの客員講師などとしても活躍中

出版社内容情報

欲しいものが何でも手に入る今の世の中。子育て中の親は「物の大切さが子どもに伝わりにくい」と感じています。一方でカードローンの返済に苦しむひとの増加が大きな問題になっています。おとなになったときに困らないように、子どもに「物の大切さ」、「お金とのじょうずなつきあいかた」を伝えたいなら、この『おこづかい練習帳』が役立ちます。アメリカで人気のシステムを翻訳したこの本の「おこづかい」はとてもユニーク。「おこづかいをもらえる子は同時に家の仕事を責任をもって分担できるほどおとなである」と考え、親子で話し合って、おこづかいの金額と子どもの担当する家の中の仕事を決め、親子で契約を交わします。つまりおとなの社会のミニチュアを家庭内に実現するのです。子どもはおとなに信用された自分に誇りを持って仕事をしておこづかいをもらい、自分の裁量でお金を使う。そのとき初めて「お金を稼ぐ大変さ」も「じぶんで稼いだお金をやりくりして使う喜び」も、欲しいものがあっても買えないときに「がまんすること」も学べるというわけです。幼稚園児、小学生の親子向けですが、中高生にも役立ちます。学校での金銭教育にもぜひ利用してほしい1冊です。