• ポイントキャンペーン

色の名前事典

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 440p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784072309582
  • NDC分類 757.3

内容説明

本書はもち運びにも便利なサイズの色名事典です。私たちが日常よく親しんでいる色名を中心に、日本やヨーロッパ諸国、その他の国で古くから使われてきた伝統的な色名など、全部で391色という類書にない多くの色名を色見本で紹介し、それぞれの色名の意味や由来などについてくわしく解説してあります。

目次

ピンク系の色
赤系の色
オレンジ系の色
茶系の色
黄系の色
緑系の色
青系の色
紫系の色
白・灰・黒系の色

著者紹介

福田邦夫[フクダクニオ]
昭和6年、京都に生まれる。昭和29年に東京教育大学教育学部芸術学科卒業。(財)日本色彩研究所、(社)日本色彩社、(社)日本流行色協会、九州産業大学芸術学部助教授、(財)日本色彩研究所企画管理室部長を経て、現在は女子美術大学大学院教授。日本色彩学会会員

出版社内容情報

大好評の『色の名前ポケット図鑑』が大判になって新登場。伝統の色から身近な色まで、日本と外国の391色を完全網羅。見てわかる、読んでわかる、これは便利な色の辞典。

大好評の『色の名前ポケット図鑑』が大判になって新登場。伝統の色から身近な色まで、日本と外国の391色を完全網羅。見てわかる、読んでわかる、これは便利な色の辞典。たとえば、ピンク系の色でも、「一斤染め(いっこんぞめ)」から「桜色」、「フレッシュ・ピンク」、「ベビー・ピンク」、「シェル・ピンク」、「鴇色(ときいろ)」、「撫子色(なでしこいろ)」、「サーモン・ピンク」、「オペラ・ムーブ」、「紅梅色(こうばいいろ)」、「コーラル・ピンク」、「オーロラ」、「ローズ・ピンク」、「桃色」、「珊瑚色」、「シュリンプ・ピンク」、「東雲色(しののめいろ)」、「退紅(あらぞめ)」、「薄紅(うすくれない)」、「オールド・ローズ」、「カメリア」、「パステル・ピンク」、「梅鼠(うめねず)」まで、実に多種多彩。これらの391色を忠実に再現するとともに、それらの色の持っている意味や語源、歴史、物語、色にまつわるエピソードまで薀蓄がぎっしり。それぞれの色を何色か組み合わせるとどのような効果が得られるかがわかる「配色の基本と効果」、「色名の種類と使われ方」、「主な襲(かさね)の色目」も巻末に紹介。コンパクトながら、色の知識がこの1冊ですべてわかる。