実現者マニフェスター―私「やべー女」ですが

個数:
電子版価格
¥1,265
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実現者マニフェスター―私「やべー女」ですが

  • 宮崎 麗果【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 講談社(2023/04発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 70pt
  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2024年07月14日 10時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065314043
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

はじめに 古臭いスタンダードは「ガン無視」する

1章 人生「事故物件」だった私
  不登校、HSP、パニック障害、摂食障害、DV 「ヤベー女」だった私
2章  恋愛 子育て シングルマザーとして
  バツ2職なし、でも子供はぜったいに守る
3章 仕事  起業家として
  自分の設定を大きく超えるために
4章 ビューティーライフ
    アンチエイジング、腸活、食、化粧品との付き合い方
5章 開運 
  自分の中の矛盾を消していく中で
6章  SNS 誹謗中傷渦巻く世界で
 アンチを光に変える
7章 ネオフェミニズム
  男女平等、女性の社会進出の先に
100の質問
 読書、アート、引き出しを多くもつために

人生相談 

さいごに フェイクでない本物の人生を

内容説明

どんなマイナスもプラスにできる!創業3年で年商5億!未来を創り、自分の居場所を作る。女性の人生を輝かせる突破力の秘密とは?

目次

1章 人生論―居場所がなくて「やべー女」だった私
第2章 恋愛論―自分を大切にするようにしたら、素敵な人が現れた
第3章 仕事論―マーケティングの目標、起業するという意志、そして女性の幸せへの貢献
第4章 子育て論―母子の関係は人それぞれ。尽くす、頑張りすぎを求めないで
第5章 SNS論―炎上を超えてSNSを救いのある光の場にしたい
第6章 開運論―矛盾をなくし、次元を上げる。自分の可能性を狭めないで
第7章 お金論―お金はツール、ゴールじゃない。だからいちばんの投資先は自分
第8章 美容論―心と身体を健やかに保つ、キレイはそこから始まる!
第9章 女性論―女性が幸せになるために、自立して輝ける社会を
麗果さんに100の質問

著者等紹介

宮崎麗果[ミヤザキレイカ]
実業家、ネオフェミニスト。日本1位のSNSマーケティングエキスパート。16歳でモデル、18歳で芸能界デビュー。結婚、出産を経て30歳でコンサル会社を設立する。その後、化粧品関連、ランジェリーブランドなど複数のブランド、事業を立ち上げる。海外進出も開始。2023年1月には恵比寿ビル一棟で植物療法を軸に温活、ピラティス、整体、エステの複合ウェルネス施設Vitolaboをオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みほ

1
自分らしく自分に嘘をつかず、矛盾をなくすことの大切さ2024/04/03

Chestnut

1
動く運と書いて運動。アンチなことを言う人は私は意地悪なんですと公言しているようなもの。この人も1人の人なんだってことがよくわかった。2023/08/15

さーにゃ

1
好きなインフルエンサーなので読破。半分くらいは写真なので手軽に読める分、全体的な内容は薄い。女性のエンパワーメントを感じられ、ポジティブな思考になれるのは◎。 自身の幼少期も愛に満ちていたのかな?と思ったがそうではないらしく、母に関する記述が一切なかったところが気になった。むしろネガティブあまり普段口にしないことも書籍には書いて欲しいなと思った。 また「日本1位のSNSマーケティングエキスパート」とあったが何をもって1位といっているのか?ファンだが若干の胡散臭さを感じた。2023/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21097657
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。