ブルーバックス<br> 世界は「e」でできている―オイラーが見出した神出鬼没の超越数

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ブルーバックス
世界は「e」でできている―オイラーが見出した神出鬼没の超越数

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 04時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 241p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065265161
  • NDC分類 412.7
  • Cコード C0241

出版社内容情報

「高利貸の夢の数字」とも言われた「e」の、宝くじから婚活まであちこちに顔を出し、人類の未来をも左右している「底力」がわかる

内容説明

はるかな昔から、不思議な性質をもつその数は、洋の東西を問わず知る人ぞ知る存在だった。やがて一人の天才が、その数の本質を見抜き、「宝石」ともいわれる奇跡的な数式を完成させた!「π」と並んで人類が親しんできた超越数「e」の、代数と幾何の垣根も軽々と超える摩訶不思議な魅力を縦横無尽に描き、数学の面白さを再発見する本!

目次

第1章 人間の脳を裏切る指数関数
第2章 高利貸の究極の夢
第3章 eが登場する3題噺
第4章 exの微分
第5章 この世では見えない愛の絆
第6章 数学界の5人の戦士

著者等紹介

金重明[キムチュンミョン]
1956年東京生まれ。1997年『算学武芸帳』(朝日新聞社)で朝日新人文学賞、2006年『抗蒙の丘―三別抄耽羅戦記』(新人物往来社)で歴史文学賞、2014年『13歳の娘に語るガロアの数学』(岩波書店)で日本数学会出版賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nbhd

20
表紙を見る限り、「e」はだいぶと陽キャだ。去年、人生で初めて「e」と出会ったのだが、ざんねん、「e」を掴めぬまま新年を迎えた。世界の原理「e」についての本、その実は「オイラーの公式」の概説書の一種だ。そもそも「e」とは何か。著者は、ノーベル物理学賞の朝永さんの言葉を引いて、ざっくり次のように書く→「e」っていうのは、つまり「オイラーの公式」で示される数学的事実である、だから、受け入れよ!…ともかく「オイラーの公式」の導出は、数学的スタミナの維持になるので、いつでも導出できるような2022年にしたい。2021/12/26

coldsurgeon

3
ネイピア数あるいはオイラー数と呼ばれる「e」に関する話である。πとともに超越数と呼ばれ、実数のほとんどを超越数が占めている事実に驚かされる。「1年を無限に分割して各瞬間に利子を取る」とどうなるかというルネサンス期の妄想から、「e」へ至る道が開かれたようだ。世の中に複雑系が知られるようになり、世界の動きが複雑系で動いているだろうということは現代人として、心に刻み込んでいかなくてはならないが、そこにも「e」が頻繁に登場するらしい。世界は超越数に満ち溢れいるのだろうと思う、知られているのは2種類だけ。2022/02/19

ハム太郎

1
eについてのマニアックなうんちくを期待していたが,導入的な本だった.序盤は,攪乱順列や恋人選択問題など面白い話題があったが,中盤は e についてのスタンダードな内容,最後はほとんど関係ない複雑系についての熱いエッセイという謎の締め方.著者はプロの数学者ではないということもあり,ところどころ数学的な間違いがあるので注意(代数関数の定義や三元数の議論など).2022/03/06

呼吸器内科医K

1
22-041★★★★☆eの奥深さを堪能できた!著者の文学的教養も素晴らしく、要所に挟まる引用や小噺が楽しかった!2022/02/13

Soichiro

0
数学もおもしろいが、脱線の蘊蓄がまた、面白い。これが、講演や授業では聴けない本を読む歓びですね。2022/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18892276

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。