シリウスKC<br> ライドンキング 〈7〉

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

シリウスKC
ライドンキング 〈7〉

  • ウェブストアに218冊在庫がございます。(2021年12月09日 00時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065251218
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

「どつきあいで勝ったら、聖王に取り次ぐ」という約束のもと、死の谷のエドゥを訪ねたプルチノフ一行。しかし死の谷は龍穴から溢れだす瘴気に侵され、壊滅の危機を迎えていた。龍穴を塞ぐため竜化したエドゥだったが、正気を失い暴走してしまう。このまま瘴気が漏れ出せば世界は破滅へと向かう。プルチノフは龍穴を塞ぎ、その拳でエドゥとの約束を果たせるか!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

53
帯が「マッチョvsドラゴン」藤波辰爾さんな感じ満載(笑 もう書店の平台に並んだ時点で笑う。内容では「転スラ」の大賢者のパロディかな?と思うところ以外は、元ネタはよく分からなかったです。糸目キャラは悪人という法則は、最近では薄れてきた気がしますねぇ。……鳥人だよ。2021/10/19

sin

41
忘れてしまったので…何故だかいきなりドラゴンとタイマンをはっている!?何故だか強さの上限がブッチギレでドラゴンを上回る活躍で、その上瘴気に侵された龍穴まで抑えこんでしまい、龍穴の封印を目標にする始末には、ええ?こんな方向性の物語だっけ?と、首を傾げてしまった。それにしても大統領の「一人一人が…王でありたまえ!」は不味いぞ!そんな国民なんて我が儘でゆうことを聞かないぞ!2021/10/22

こも 零細企業営業

28
もうプーチノフさんなんでもありですな。汚染された龍脈を体内に取り込みおった。何で生きてるの?亀の甲羅でも耐えられないんだよ?それを体内に取り入れて何で平気なの!?いや、戦力は落ちたよ?でも普通健康を害すでしょう?それが何で平気なの?wwさらに闘気でリーチが長い相手にも対抗してしまうし、、そして、魔族の城に行ったら、、あ、捕まった。グリフォンがトリ頭過ぎる。あと、煽てに弱いのが良いな。。最後の方では生贄にされるエルフを助けられるのかな?どうなるのだろうか?2021/10/08

トラシショウ。

21
「君達だけではないぞ。どんな種族の者でも一人一人が己にとっての王であり、子供達も等しく王として扱い育まねばならぬ。そして私も含め国の代表とは、国民と言う一人一人の王に仕えその命と尊厳を守る者なのだ」。聖王への取次を求めて王闘鬼の女王エドゥーの元に訪れたプルチノフ一行だが、彼女は龍穴からの瘴気に当てられ龍の姿に変異、暴走してしまう。エドゥードラゴンとの激闘を経て、ようやく空中の聖王の城へと辿り着いた先で待ち受ける更なる苦難の始まりまで。ここまでかなり時間かかったけど、オチは見えてきたね(以下コメ欄に余談)。2021/10/13

わたー

20
★★★★★ドラゴンと化したエドゥとの死闘の最中、ちゃっかり彼女にライドンし、世界の果てまで飛んでいきたいと願望が駄々洩れる大統領のブレなさがやっぱり非常にいい。物語は聖王都の核心へと。面白いことに違いはないのだが、シリアスな場面が続くため、彼の騎乗欲が満たされることがめっきり減ってしまったことは残念。2021/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18670398

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。