講談社現代新書<br> 学校ってなんだ!―日本の教育はなぜ息苦しいのか

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
学校ってなんだ!―日本の教育はなぜ息苦しいのか

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年11月27日 08時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065234754
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0237

出版社内容情報

「従順な子」をつくる教育は、もう終わりにしよう!

ブラック校則、いじめ、心の教育、不登校、教師の長時間労働――。
日本の教育が抱える最大の問題とは?

『学校の「当たり前」をやめた。』著者と、日本の同調圧力を追及してきた演出家による必読の学校論!

・教師への信頼を失わせるブラック校則
・「服装・頭髪の乱れは心の乱れ」という迷信
・不登校からのリハビリ
・いじめの件数に意味はない
・「朝の挨拶運動」はただの時間外労働
・「国や社会を変えられると思う」は18.3%
・「わかる授業」が良い授業なのか
・30人を超えると集団の質が変わる
・スマホのルールは子どもたちが決める
・ぶつかり合うのは当たり前
・スーパー教員がもたらした学級崩壊
・「絆」と「団結」が目標になってしまう
・対話が苦手な日本人
・感情をコントロールする技術
・日本にユニコーン企業が少ない理由


ブラック校則に直面する生徒、子の不登校に悩む親、長時間労働に疲れる教員……すべての人に贈る、常識を疑うヒント。

内容説明

「従順な子」をつくる教育は終わりにしよう。『学校の「当たり前」をやめた。』著者と、日本の同調圧力を追及してきた演出家による驚きの学校論!自分で考えて行動できる子を育てる―すべての教育はそこから始まるべきだ!ブラック校則に直面する生徒、子の不登校に悩む親、長時間労働に疲れる教員…あなたに贈る、常識を疑うヒント。

目次

はじめに(鴻上尚史)
第1章 学校が抱える問題(校則に悩む女性教師からの相談;ブラック校則問題は、一部にすぎない ほか)
第2章 自律をさせない日本の学校(「国や社会を変えられると思う」は一八・三%;「私なんて」―自己肯定感の低さ ほか)
第3章 同質性への違和感(日本独特の「みんな同じ」;山形での教員時代 ほか)
第4章 対話する技術(「絆」と「団結」が目標になってしまう;対話が苦手な日本人 ほか)
おわりに(工藤勇一)

著者等紹介

工藤勇一[クドウユウイチ]
横浜創英中学・高等学校長。1960年、山形県鶴岡市生まれ。東京理科大学理学部応用数学科卒業。山形県公立中学校教員、東京都公立中学校教員、東京都教育委員会、目黒区教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長などを経て、2014年から2020年まで千代田区立麹町中学校長。教育再生実行会議委員、経済産業省「未来の教室」とEdTech研究会委員など、公職を歴任

鴻上尚史[コウカミショウジ]
作家・演出家。1981年に劇団「第三舞台」を結成し、以降、作・演出を多数手がける。これまで紀伊國屋演劇賞、岸田國士戯曲賞、読売文学賞など受賞。舞台公演の他には、エッセイスト、小説家、テレビ番組司会、ラジオ・パーソナリティ、映画監督など幅広く活動。また、俳優育成のためのワークショップや講義も精力的に行うほか、表現、演技、演出などに関する書籍を多数発表している。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。昭和音楽大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネギっ子gen

37
『学校の「当たり前」をやめた』著者の公立中学校校長と、日本の同調圧力を追及してきた作家・演出家による対談本。鴻上尚史「はじめに」:<工藤さんは、「僕は学校を改革なんかしていません。改善しただけです」と仰っていました/現場で戦っている人間としては、この言葉の違いは身に沁みます。「学校を改革します」は、波風が立ちます/工藤さんの仕事が感動的なのは、「多様性はしんどい」「もめて当たり前」と腹をくくって一歩一歩、進んでいることでしょう。工藤さんとの対談で僕は、「情熱」「戦略」の重要さをあらためて確信しました>。⇒2021/09/30

ムーミン

33
工藤先生の出される著書を読むごとに、先生の描いておられる世界がどんどん自分の中に形作られてくる気がしています。先日木村泰子先生と対談させていただく中でイメージできたことが、ますますはっきりしてくるようで、もう一度マーカーした部分を読み返してみます。2021/09/05

pirokichi

23
衝撃を受けた。小中高と、学校や先生に対して、私は従うのが当たり前だと思っていたので、何か疑問に思うことは全くなかった。今でも、例えば上司や同僚に対しても、そういうところがある。いけない事だが、話し合うのが苦手で自分がやればいいやと思ってしまったり。「自律的に考える」「心の中は問題にしない。ただ行動だけを問題にする」「当事者意識をもって、対話して、違いを受け入れる。そして他者と合意する」本書で言われていることは、学校だけでなく、社会で生きていくうえで誰にとっても大切なことだと思う。今後の自分に活かしたい。2021/08/22

sekkey

12
工藤さんは教育の本質、真の目的を非常によく理解されている方だとあらためて感じた。時代錯誤の校則や定期テスト廃止はただの手段にすぎない。困っている子どもに「どうしたの?」「それで君はどうしたいの?」「何か支援できることはある?」と声をかけ、対話を徹底して続け、誰一人取り残さない方法をみんなで考えていく。ぶつかり合うのは当たり前だが対立を煽ることなくとことん話し合う。鴻上さんもおっしゃっていた「多様性はしんどい」という指摘も忘れずに覚えておきたい。2021/09/30

くものすけ

12
「自分で考えて行動出来る子を育てる」何とも立派なモットーですが、これが非常に難しい。自分で考えない大人も多過ぎる。子供の教育は学校・家庭の二本立て本来しっかり行うべきなのだろうと思います。気になった表現の個所に付箋を貼っていったらいつの間にか本が付箋だらけになってしまいました。知らない事だらけ、教育の現場はそうなっているのかと驚きの連続でした。国の基礎は教育という事を真剣に取り組むことを改めて感じました。2021/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18390062

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。