少年マガジンKC<br> ふらいんぐうぃっち 〈10〉

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり

少年マガジンKC
ふらいんぐうぃっち 〈10〉

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2022年07月01日 11時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 176p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065234150
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

SF・ファンタジー;ギャグ・コメディ;その他;;;;;;;;;;;;;;;;;

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

緋莢

20
姉の茜と共に横浜に帰省する真琴。両親初登場(だよね?)。茜、父親との久々の再会で、それはダメだよ…いや、久々の再会じゃなくてもトラウマになるレベルだったけど。横浜の友人(一人は魔女で、一人は事情を知ってる一般人)と共に“お仕事”へ。お寺の周辺に夜だけ降り続く大雨の原因を探るんですが…招き猫のたくさんあるお寺での怪異の正体は…結構ヤバめ!?かと思いきや この作品でそんな事があるはずもなく、ほっこりとしたオチで安心でした。しかし、アレは守り神すら虜にしちゃうんですね… 2022/01/06

芳樹@マンガ専用

18
【電子】夏休みに入って、丹精込めて育ててきた野菜たちをいよいよ収穫。とれたては美味しいよね〜。そんなお野菜のおすそわけエピソードが面白い。あるあるなのかな?そして横浜に帰省する木幡姉妹。真琴の地元のお友達も登場して魔女同士の勝負イベント。良いですね。あと一コマだけの描写だけど、いつもと違って前髪を横に流した真琴が新鮮でカワイイ。2021/06/26

ソラ

12
今年もすごく良かった。猫好きなだけに最後の話はとても好き。杏子ちゃん天才。2021/06/13

MOTO

10
地元コミックだけに、なすの紫蘇巻き、夏野菜の収穫、ご近所へのお裾分けには必至のお裾分け返しは、もはや日常エピソードなのが楽しい♡ただ、『魔女協会弘前支部』の建物は見たこと無い。どこにあるんだろう。(普段は魔法で隠れてる?(笑))真琴ちゃん、実家の神奈川に里帰り編。お母さん、綺麗だった。2021/07/31

もるもる

10
ナスのしそ巻が美味しそう。電車で弘前に行きたくなる移動描写。賑やかで楽しい横浜編。そして最後に全て掻っ攫ってく猫と杏さん……。全体的に良い。2021/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18058259

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。