講談社ラノベ文庫<br> ヤンキーやめろ。メイドにしてやる

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

講談社ラノベ文庫
ヤンキーやめろ。メイドにしてやる

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年04月15日 18時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065187364
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

俺の名は久世太一郎。歳は十七歳。
久世家は代々、執事の家系で、俺も執事として、日本有数の名家である鶴ヶ島家の次女、麻白様に仕えている。
ある日俺は、麻白お嬢様から、新たな専属メイドを探すよう申しつけを受けた。
だが、いたずら好きなお嬢様のお眼鏡にかなう者はなかなかいない。
そんな中、俺は買い出しに出かけた先で、ひとりのヤンキー少女と出会う。
ハナと名乗った彼女にメイドの素質を見いだした俺は、麻白お嬢様のメイドになるよう彼女を勧誘する。
「でも、メイドってあれだろ? ご主人様の命令は何でも聞かなくちゃいけなくて、奴隷みたいな」
「主従の間にあるのは単なる利害関係や雇用関係じゃない。信頼関係だ」
しかし、ヤンキー少女ハナと麻白お嬢様との相性は最悪で……!?

内容説明

俺の名は久世太一郎。十七歳。我が家は代々、執事の家系で、俺も執事として、日本有数の名家の次女、麻白お嬢様に仕えている。ある日、新たな専属メイドを探すようお嬢様から仰せつかったが、気難しいお嬢様のお眼鏡にかなう者はなかなかいない。そんな中、俺はなりゆきで、ヤンキー少女ハナのピンチを助け、妙に懐かれてしまう。ハナは少々荒っぽいが、根は真っ直ぐで、何より義理堅い。そこで俺は彼女を、お嬢様のメイドに勧誘した。「メ、メイドって…ケチャップで萌え萌えキュンの…?」「献身的に主の身に回りの世話をする、本来の意味でのメイドだ」しかし、ヤンキー少女ハナと麻白お嬢様との相性は最悪で…!?ヤンキー少女×執事×お嬢様の三角ラブコメ!?