講談社学術文庫<br> “英国紳士”の生態学―ことばから暮らしまで

個数:
電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

講談社学術文庫
“英国紳士”の生態学―ことばから暮らしまで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 14時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065183595
  • NDC分類 361.84
  • Cコード C0136

出版社内容情報

 自転車を「bike」と呼ぶか「cycle」と呼ぶか、眼鏡は「spectacles」かはたまた「glass」か。イギリスの階級意識はこんなところにも現れる。言葉遣い、アクセントにはじまり、家や食べ物、ファッション、休暇を過ごす場所……あらゆるものに微妙な、あるいは明白な階級をあらわす名札がついている。「世界中でもっとも階級にとりつかれた国」、作家ジョージ・オーウェルはイギリスをそう評している。
 そんなイギリスで「紳士」たらんと、ほかの階級から嘲笑を浴びつつ精一杯背伸びしてきたのが、本書の主人公「ロウアー・ミドル・クラス」の人々である。「英国紳士」と聞いて真っ先に思い浮かべるシャーロック・ホームズや、日本で人気のジーヴズは、実は彼らと同じ階級に属するヒーローなのだ。
 ワーキング・クラスとは断固区別されたい、しかしアッパー・クラスには決して届かない。上の階級の趣味や持ち物をまねると、たちまち流行して彼らが所属する階級の証となり、揶揄の対象になってしまう。隣人と差をつけるべく、アップライト・ピアノを買い、レースのカーテンを飾り、ささやかなことに一喜一憂する姿は、滑稽でありながらもいじましく、愛おしい。
 彼らが揶揄されはじめたヴィクトリア朝から、かつての階級を超越した「スーパー・クラス」が登場する現代に至るまで、およそ100年間の悪戦苦闘を豊かなエピソードで描きだす。ほろ苦くもおかしいイギリス階級文化論。(原本:『階級にとりつかれた人びと』中公新書、1999年)

内容説明

自転車を「bike」と言うか、「cycle」と言うか。「階級にとりつかれた国」イギリスでは、言葉遣いをはじめあらゆるものに階級があらわれる。そのなかで嘲笑を浴びつつも「紳士」たらんと精一杯背伸びしてきたのが、本書の主人公「ロウアー・ミドル・クラス」の人々だ。一〇〇年以上の悪戦苦闘を豊かなエピソードで綴る、ほろ苦くもおかしい階級文化論!

目次

第1章 二つのミドル・クラス
第2章 ヴィクトリア朝―せせこましい道徳の時代
第3章 「リスペクタビリティ」という烙印
第4章 「郊外」のマイホーム
第5章 ロウアー・ミドル・クラス内の近親憎悪
第6章 貴族への憧れ、労働者への共感
第7章 階級を超えるメアリー・ポピンズ
第8章 クール・ブリタニア―「階級のない社会」?

著者等紹介

新井潤美[アライメグミ]
1961年生まれ。東京大学大学院比較文学比較文化専攻博士号取得(学術博士)。東京大学大学院教授。専門は英文学・比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

南北

56
やはりイギリスは階級社会だと再認識しました。一口にミドル・クラスと言っても、ロウワー・ミドル・クラスは労働者階級との差別化をしようとするため、特有の言葉を使ったり、特有の行動をしたりすることもあって、アッパー・ミドル・クラスからは揶揄される存在となっています。中には必ずしもロウワー・ミドル・クラスしか行わない慣習や行動とは限らないものもありますが、ロウワー・ミドル・クラスが行うとからかわれてしまうというやっかいな点もあります。英文学を読むときは参考になる指摘だと思いました。2020/06/16

TATA

31
大学で英国文学のゼミに所属するときっとこんなことを勉強するんだろうなと想像するだけで楽しい。労働者階級と上流階級だけじゃなくてそれらに挟まれたミドルクラスにもいろいろあってという悲哀の数々。英国に来て3年になるけれどよく理解できないステータスのギャップを感じる事もチラホラと。思えばこっちに来たばかりの頃、全く違う発音体系、聞いたことのない単語のオンパレードで殆ど理解できないことも何度もありました。かろうじて「チェルシー」だけ聞き取れてサッカーの話なんだと。そんな英国に関するアレコレ。2020/12/30

Kana

12
良かった。分かるようで分からない階級の微妙なしこりについて、多くの有名作品の例に触れながら学べる。紳士たらんとあくせくするほどその努力が嘲笑される、哀れながらも滑稽なロウアーミドル。ふしぎと親近感がわく。フォースターやロレンスを読みながら、この労働階級への憧憬は何だろうかと思うことがあったけど、その心理も少し覗き見ることができたように思う。大学で英文学の授業も履修したが、あの頃に読んでいたらと思う。英国モノ好きは勿論これから英国文学に触れる学生にもおすすめしたい。2020/09/06

スプリント

12
英国紳士の言葉のイメージと実態について多角的に取り上げられており面白かったです。2020/04/16

Inzaghico

9
居場所をわきまえろ、というのを直接的に言われずにわかれよ、ってのは、辛いなあ。幸いなことに、本書によれば、20世紀末のイギリスではまったく新しい階級のスーパークラスが確立された。知的職業のなかでも下に見られていた金融関係、大手企業、法律関係のトップクラスの仕事をしていて、別荘をもち、使用人がいて、世界を飛び回り、衣食住に金をかける階層だそうだ。ワーキングクラス出身でも、この階層の人間になれる、という意味では、アメリカンドリームのイギリス版というところか。2021/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14939725

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。